平成10254日目

平成29年2月3日(金)

2017/02/03

【日本ハム・大谷翔平選手】WBC不参加に

3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の小久保裕紀監督は3日、右足首の故障で調整が遅れている日本ハムの大谷翔平選手(22)を代表から外すことを明らかにした。近日中に代替選手として先発投手を追加する。

大谷選手はキャンプイン直前の1月31日に投手での出場を断念することを表明しており、打者での参加が可能かを巡って日本代表と日本ハムが調整していた。小久保監督は宮崎県日南市で行われている西武のキャンプを視察後に「思うように状態が上がってこなかった」と説明した。本人には電話で伝えたという。《共同通信》




【シアトル連邦地裁】「入国禁止」差し止め命令

イスラム圏7カ国からの入国を禁じたトランプ米大統領の大統領令は憲法に違反し無効だとして、西部ワシントン州が差し止めを求めていた訴訟で、同州シアトルの連邦地裁は3日、大統領令を一時差し止める命令を出した。全米で即時適用されるとしている。一方、米国務省は7カ国からの入国禁止措置を受け、既に6万人弱の米入国査証(ビザ)を暫定的に取り消したことを明らかにした。

ロイター通信によると、米入管当局は差し止め命令を受け、入国禁止対象になっていた旅客の搭乗を認めると航空会社に通知した。《共同通信》

【安倍晋三首相】共謀罪逮捕は準備行為必要


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、「共謀罪」の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、犯罪の合意があっても実行準備行為がなければ逮捕できないとの統一見解を示した。法律への明記は「検討中だ」と述べるにとどめた。松野博一文部科学相は文科省の組織的天下り問題に関し、6日昼ごろに調査結果の第1弾を公表するとした。

法整備を巡っては、一般市民も処罰対象になるとの指摘が少なくなく、首相が自ら統一見解を明らかにすることで、そうした懸念を払拭する狙いがある。《共同通信》

【安倍晋三首相】トヨタ自動車社長と会談

安倍晋三首相とトヨタ自動車の豊田章男社長は3日、東京都内のホテルで会談した。10日の日米首脳会談に先立ち、日本車の輸入などを通じた対日貿易赤字を問題視するトランプ米大統領の政策への対応を協議。豊田社長は米国での投資を拡大する方針を改めて示し、官民協調で米雇用に貢献して、貿易摩擦を回避する考えで一致した。

豊田社長は会談後、報道陣に「良い話し合いができた」と強調。「(トヨタの経営を取り巻く)足元の状況などについて意見交換した」と述べ、これまでに公表している米国での投資拡大などについて首相に説明したという。《共同通信》

【作家・三浦朱門さん】死去

宗教や教育問題などに関する著作で知られる作家で、元文化庁長官の三浦朱門さんが3日午前6時50分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。91歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で営んだ。喪主は妻で作家の曽野綾子さん。

東京大卒。日本大芸術学部で教えながら、同人誌「新思潮」で小説を発表。「画鬼」(「冥府山水図」に改題)で文壇デビューし、遠藤周作さんや吉行淳之介さんらとともに「第三の新人」として活躍した。《共同通信》

2月3日/のできごと