平成10254日目

2017/02/03

【この日の安倍総理】

衆院予算委員会

安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、「共謀罪」の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、犯罪の合意があっても実行準備行為がなければ逮捕できないとの統一見解を示した。法律への明記は「検討中だ」と述べるにとどめた。松野博一文部科学相は文科省の組織的天下り問題に関し、6日昼ごろに調査結果の第1弾を公表するとした。

法整備を巡っては、一般市民も処罰対象になるとの指摘が少なくなく、首相が自ら統一見解を明らかにすることで、そうした懸念を払拭する狙いがある。《共同通信》


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、トランプ政権下での日米関係に関し「貿易問題と防衛をリンクさせるのは非生産的で、間違ったアプローチだ」と述べた。米国による抑止力提供を理由に通商交渉で譲歩することはしない考えを重ねて示した発言だ。

同時に「米国も(日米安保条約を基に)前方展開戦略を維持し、アジア太平洋地域における権益を守っている」と述べ、双方が利益を得ていると指摘。北方領土でのロシアとの共同経済活動については「平和条約締結への一環だということでプーチン大統領と合意できている」と強調した。《共同通信》

トヨタ自動車・豊田章男社長と会談

安倍晋三首相とトヨタ自動車の豊田章男社長は3日、東京都内のホテルで会談した。10日の日米首脳会談に先立ち、日本車の輸入などを通じた対日貿易赤字を問題視するトランプ米大統領の政策への対応を協議。豊田社長は米国での投資を拡大する方針を改めて示し、官民協調で米雇用に貢献して、貿易摩擦を回避する考えで一致した。

豊田社長は会談後、報道陣に「良い話し合いができた」と強調。「(トヨタの経営を取り巻く)足元の状況などについて意見交換した」と述べ、これまでに公表している米国での投資拡大などについて首相に説明したという。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【日本ハム・大谷翔平選手】WBC不参加に

3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の小久保裕紀監督は3日、右足首の故障で調整が遅れている日本ハムの大谷翔平選手(22)を代表から外すことを明らかにした。近日中に代替選手として先発投手を追加する。

大谷選手はキャンプイン直前の1月31日に投手での出場を断念することを表明しており、打者での参加が可能かを巡って日本代表と日本ハムが調整していた。小久保監督は宮崎県日南市で行われている西武のキャンプを視察後に「思うように状態が上がってこなかった」と説明した。本人には電話で伝えたという。《共同通信》

【東京都・小池百合子知事】民進と連携「全くない」

東京都の小池百合子知事は3日の定例記者会見で、7月の都議選に向けた民進党との連携について「民進党の中にもいろいろな人がいる。党そっくりということでは、明確に申し上げて全く考えていない」と述べた。

小池知事は「どこの党にいるかでなく、どういう考え方を持っているかだ」と指摘。「真剣さや人柄、東京大改革をその場の選挙ということではなく本当に進めていくか否かを確認して判断する」と話し、候補者一人一人に関して支援を検討する考えを示した。《共同通信》

【シアトル連邦地裁】「入国禁止」差し止め命令

イスラム圏7カ国からの入国を禁じたトランプ米大統領の大統領令は憲法に違反し無効だとして、西部ワシントン州が差し止めを求めていた訴訟で、同州シアトルの連邦地裁は3日、大統領令を一時差し止める命令を出した。全米で即時適用されるとしている。一方、米国務省は7カ国からの入国禁止措置を受け、既に6万人弱の米入国査証(ビザ)を暫定的に取り消したことを明らかにした。

ロイター通信によると、米入管当局は差し止め命令を受け、入国禁止対象になっていた旅客の搭乗を認めると航空会社に通知した。《共同通信》

【フランス】パリ・ルーブル美術館に刃物男

パリ中心部のルーブル美術館の地下出入り口付近で3日午前10時(日本時間午後6時)ごろ、刃物を持ったイスラム教徒とみられる男が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫び、治安部隊員を襲撃し隊員1人が軽傷を負った。治安部隊が発砲、男は負傷し病院に搬送された。観光客らに負傷者は出ていない。フランスのメディアが伝えた。

カズヌーブ首相は報道陣に「テロを企てたとみられる」と述べた。捜査当局はテロ関連の殺人未遂容疑で捜査を開始した。

男はおののようなものを含めて二つの刃物を持ち、リュックサックを背負っていた。治安部隊は5発発砲し、1発が腹部に命中した。《共同通信》

【作家・三浦朱門さん】死去

宗教や教育問題などに関する著作で知られる作家で、元文化庁長官の三浦朱門さんが3日午前6時50分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。91歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で営んだ。喪主は妻で作家の曽野綾子さん。

東京大卒。日本大芸術学部で教えながら、同人誌「新思潮」で小説を発表。「画鬼」(「冥府山水図」に改題)で文壇デビューし、遠藤周作さんや吉行淳之介さんらとともに「第三の新人」として活躍した。《共同通信》

【林義郎さん】死去

自民党の元衆院議員で、厚相や蔵相などを歴任した林義郎氏が、3日午後8時、多臓器不全のため東京都内の医療施設で死去した。89歳。山口県出身。

東大卒業後、旧通商産業省を経て、1969年の衆院選で初当選し、連続11期務めた。税制や財政通で知られ、厚相や蔵相、自民党税制調査会長などを歴任。超党派の日中友好議員連盟会長も務めた。《共同通信》



2月3日 その日のできごと(何の日)