平成10255日目

2017/02/04

【ジャンプ・高梨沙羅選手】W杯通算51勝

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は4日、オーストリアのヒンツェンバッハで個人第13戦(ヒルサイズ=HS94メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)が87・5メートル、91メートルの合計242・1点で優勝、2連勝で今季7勝目を挙げ、通算51勝とした。高梨は1回目に得点でトップに並び、2回目はただ一人90メートル台の最長不倒をマークした。

伊藤有希(土屋ホーム)は85・5メートル、85メートルの230・8点で4位。勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)は7位、岩渕香里(北野建設)は19位だった。《共同通信》



【ボクシング・比嘉大吾選手】デビューから12連続KO勝利

ボクシングの東洋太平洋フライ級王者・比嘉大吾(21=白井具志堅)が4日、東京・後楽園ホールでノンタイトル10回戦を行い、ディオネル・ディオコス(フィリピン)に4回2分29秒TKO勝ち。プロデビューから12連続KO勝利を飾り、年内の世界初挑戦に弾みをつけた。

比嘉はガードを高く上げ、前に出て圧力をかけるスタイル。序盤から左ジャブや左ボディーでディオコスを圧倒したが、右の精度が悪く、クリンチを連発する相手を仕留めるまでに時間がかかった。4回、猛攻から左ボディーでついに膝をつかせ、レフェリーがノーカウントで試合を止めたが「世界前哨戦と騒がれたのに、だらしない試合をしてすみません」と場内に謝罪した。《スポニチ》

【法務省】ヘイト法解釈で具体例

法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を23都道府県の約70自治体に提示したことが4日、同省への取材で分かった。「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。ヘイトスピーチ抑止に取り組む自治体の担当者は「参考になる」と評価している。

対策法には差別的言動の明確な定義や禁止規定がなく、ヘイトスピーチが多発する川崎市や京都府、大阪市、神戸市、福岡県などが判断基準や具体例を示すよう要望していた。《共同通信》



2月4日のできごと