平成10182日目

2016/11/23

【米・オバマ大統領】七面鳥に最後の「恩赦」

オバマ米大統領は23日、全米の家庭で七面鳥料理を楽しむ24日の感謝祭を前に、ホワイトハウスで恒例の七面鳥恩赦式を行った。来年1月に退任するオバマ氏にとって、任期中最後の“恩赦”。

Embed from Getty Images

この儀式は七面鳥に感謝と罪滅ぼしを示す意味合いが込められ、公式には1989年にブッシュ大統領(当時)が行ったのが始まり。オバマ氏は七面鳥「トット」に対し、大統領権限に基づき「感謝祭の食卓から恩赦する」と言い渡した。

2人のおいを従えてホワイトハウス中庭に現れたオバマ氏は、これまで同席していた長女マリアさんと次女サーシャさんが不在の理由について「もう私のジョークに嫌気が差したらしい」と説明。「おいっ子たちはまだワシントンに幻滅してないからね」と口にして笑いを誘った。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【横浜市震災避難いじめ問題】両親会見

東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)が避難直後から小学校でいじめを受けていた問題で、両親が23日、横浜市内で会見し、生徒が全国でいじめに苦しむ子どもたちに向け「絶対助けてくれる大人はいる。苦しいけど死を選ばないで、と伝えてほしい」と話したと明らかにした。

両親はいずれも40代。両親によると、生徒は不登校になった当初は引きこもる状態だったが最近、自転車に乗って外出したり、「(今通う)フリースクールは楽しい」と話したりしている。父親は「子どもに光が見えてきた」と述べた。《福島民報》

【萩生田光一官房副長官】民進党のTPP反発は「田舎のプロレス」

萩生田光一官房副長官は23日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案などの衆院採決に猛反発した民進党などの対応を念頭に、「『田舎のプロレス』といえばプロレスの人に怒られるが、ある意味、茶番だ」と述べた。都内で開かれた国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)の会合で語った。

萩生田氏は「強行採決なんていうのは世の中にありえない。審議が終わって採決をするのを強行的に邪魔をしていく人がいるだけだ」と指摘。さらに「本来は『強行採決阻止』だが、マスコミが『強行採決』の4文字を使うと、それが一人歩きしてしまうというところがあってちょっと残念だ」と述べた。《産経新聞》

【大相撲九州場所】11日目

大相撲九州場所11日目(23日・福岡国際センター)横綱鶴竜は大関稀勢の里に小手投げで敗れ、初黒星を喫した。稀勢の里は2敗をキープ。

横綱日馬富士は大関琴奨菊を下手投げで退けて10勝目を挙げ、新入幕の石浦を含めて3人が1敗でトップに並んだ。琴奨菊は負け越した。横綱白鵬は関脇高安をはたき込んで9勝目。

綱とりが厳しくなった大関豪栄道は、かど番の大関照ノ富士を寄り切って勝ち越し。照ノ富士は4敗目。新小結御嶽海は負け越した。

首位の3人を白鵬、稀勢の里が1差で追う混戦。十両は大砂嵐、青狼が2敗でトップとなった。《共同通信》

【自民党・小泉進次郎農林部会長】「米参加のTPP消えた」

自民党の小泉進次郎農林部会長は23日午前、東京都内で講演し、米国のトランプ次期大統領が来年1月の就任初日に環太平洋連携協定(TPP)からの脱退を通告すると表明したことに関し「米国が入る形でのTPPは事実上消えた」と述べた。TPP発効には米国の批准が欠かせない。

小泉氏は、自民党が野党だった時期から自身がTPP推進派だったと説明し「すぐ参加すべきだと言う少数派だった」と語った。《共同通信》



11月23日 その日のできごと(何の日)