平成5953日目

平成17年4月26日(火)

2005/04/26

【小泉純一郎首相】新公邸に引っ越し

小泉純一郎首相は26日、旧首相官邸の面影を残して大改修した新首相公邸に、政権5年目を迎える同日夜に引っ越した。小泉首相は旧公邸の取り壊しに伴い、2002年8月下旬から東京・品川区の「五反田共用会議所」を公邸として使用。官邸から車で15分前後だった通勤時間は、徒歩役1分に短縮され、「職住接近」に戻る。

首相は26日夜、記者団に「いいねえ、時間も早くて歩いて帰れるというのは。仕事もしやすくて時間もとらないから」と述べた。《共同通信》



【常磐線羽鳥駅列車衝突脱線事故】

26日午後零時50分ごろ、茨城県美野里町のJR常磐線羽鳥駅付近の踏切にトレーラーが立ち入り、上野発いわき行き特急スーパーひたち23号(11両編成)と衝突した。特急の先頭車両が脱線した。JR東日本によると、乗客にはけが人はいない。茨城県警によると、トレーラーの運転手が軽傷。同県警が事故原因を詳しく調べている。《共同通信》

【JR福知山線脱線事故】死者81人に

兵庫県尼崎市のJR福知山線で25日に起きた快速電車脱線事故は26日夜までに、81人の死亡が確認された。県警などは同日、大破した先頭車両から新たに近畿大生のAさん(18)と兵庫県伊丹市の同志社大生Bさん(19)を救出したが、ともに重傷。人命探査装置で1、2両目に閉じ込められたとみられる14ー15人の安否を確認したが、生存者反応はなかった。

また尼崎東署捜査本部の調べで、電車は現場のカーブに時速100キロを超える速度で進入したことが判明。現場の制限速度は70キロで、M車掌(42)も「普段より速度を出していた」と供述したことから、捜査本部は速度超過が事故の主要因とみて同日、業務上過失致死傷容疑でJR西日本の施設から資料を押収。運行記録や勤務日誌などの任意提出を受けた。《共同通信》



4月26日のできごと