平成10006日目

平成28年5月31日(火)

2016/05/31

【衆院】安倍内閣不信任決議案を否決

衆院は31日の本会議で、民進、共産、社民、生活の野党4党が共同提出した安倍晋三内閣に対する不信任決議案を、自民、公明両党とおおさか維新の会などの反対多数で否決した。賛成は124票、反対は345票だった。

これに先立ち、民進党の岡田克也代表は不信任案の趣旨弁明で「アベノミクスの失敗を正直に認めて、公約違反を国民に謝罪し、即刻退陣すべきだ」と批判した。同時に「重大な経済失政により消費税を引き上げられる状況をつくり出せなかった」と強調。与党が成立を強行した安全保障関連法に関し「憲法違反であることは明らかだ。憲法の平和主義を捨て去り、限定のない集団的自衛権の行使に道を開く」と反対姿勢を鮮明にした。

これに対し、自民党の松本純衆院議員は「アベノミクスにより雇用や所得環境は順調に改善を続け、日本経済は着実に回復に向かっている」と反論。不信任案を提出した野党を「党利党略、パフォーマンス政治そのものだ」と批判した。《産経新聞》



【楽天・オコエ瑠偉外野手】プロ初安打

楽天のドラフト1位・オコエが31日の阪神戦でプロ初安打を放った。

「9番・中堅」でプロ2度目の先発出場となったオコエは2打席ノーヒットで迎えた7回1死一、二塁で榎田の133キロを右前に弾き返した。一塁ベースに到達すると米村外野守備走塁コーチと満面の笑みでハイタッチ。阪神の外野陣が前進守備を引いていたため、二塁走者の松井稼は三塁ストップ。惜しくもプロ初タイムリーとはならなかったが、注目ルーキーのヒットに球場中が大歓声に包まれた。

オコエは8回の第4打席でも左安打を放って初のマルチを記録。「一本出ていないことが気持ちの面で引っ掛かっていたので、少しは楽になる」と語った。《スポニチ》

【北海道七飯町】不明の男児見つからず、陸自に災害派遣要請

北海道七飯(ななえ)町東大沼の山中で28日から行方不明となっている北斗市の小学2年男児(7)の捜索は、31日も手掛かりが見つからないまま、雨のため予定より3時間早い同日午後4時に打ち切られた。七飯町は道知事を通じて陸上自衛隊に災害派遣を要請した。6月1日の捜索は、陸自も加わり、午前8時から約185人態勢で再開する。《読売新聞》

【東京地裁】清原和博被告に有罪判決

覚せい剤取締法違反(使用など)に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)に対し、東京地裁は31日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の判決を言い渡した。

吉戒純一裁判官は「使用歴や使用量を考えると依存性は深刻。刑事責任は軽いものではない」とした上で、「事件が大きく報道され、厳しい社会的制裁を受けた」と執行猶予の理由を述べた。被告本人が求めた保護観察は付けず、自力更生を求めた。《毎日新聞》

【天皇皇后陛下】小金井公園を訪問

天皇、皇后両陛下は31日、東京都小金井市の小金井公園を訪れ、天皇陛下が学習院中等科時代を過ごした思い出の地をめぐった。

空襲で東京・目白の校舎が焼失したため、公園内に校舎が移転した。天皇陛下は1946年4月に中等科に進学し、5月からは校舎近くの仮御所に移住した。それからちょうど70年にあたることから、両陛下は仮御所があった場所に残る碑を訪れた。《朝日新聞》



5月31日のできごと