平成9971日目

2016/04/26

【この日の安倍総理】

1億総活躍社会に関する国民会議

政府は26日、安倍政権が重視する「1億総活躍社会」に関する国民会議を首相官邸で開いた。

4月26日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】保育士給与2%増を表明
https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は、保育・介護分野の人材不足を解消するため、2017年度から保育士については実質2%の給与引き上げを行う考えを表明。介護士についても「他産業との賃金差がなくなるよう処遇改善を行う」と述べ、月額で約1万円引き上げる方針を明らかにした。《時事通信》

野党党首と会談

安倍晋三首相は26日、熊本、大分両県を中心とする地震からの復興・復旧のための2016年度補正予算案を巡り、野党各党の党首と官邸で個別に会談し、早期成立に向けて協力を要請した。民進党の岡田克也代表や共産党の志位和夫委員長は「できるだけ速やかな成立に協力したい」と表明。他の野党も前向きな姿勢で、補正予算案は5月中旬にも成立するのが確実な情勢。規模は7千億~8千億円となる見込みだ。

会談で、岡田氏は「避難している高齢者や子ども、妊婦への対応を最優先でお願いしたい」と求めた。志位氏は「与野党の別なく、被災地、被災者最優先で取り組む必要がある」と強調した。自民党の谷垣禎一幹事長や公明党の山口那津男代表、井上義久幹事長が同席した。

政府は、補正予算案の大枠を今月中にまとめる方針。大型連休中に詳細を詰め、5月13日に閣議決定する。今国会の会期末は6月1日で、麻生太郎財務相は5月20、21日に仙台市での先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)に出席する予定。与党は同月19日までの成立を目指し、野党側と協議する。

補正予算案は、住宅確保や生活再建支援金の支給、「熊本地震復旧等予備費」創設が柱となる。インフラの復旧や、がれき処理などを進める。

菅義偉官房長官は26日の記者会見で、野党の協力姿勢に関し「心から感謝したい。政府も全力で取り組む」と述べた。

党首会談で、志位氏や社民党の吉田忠智党首は九州電力川内原発(鹿児島県)の運転停止を求めた。各党は今後も補正予算案に対する政策提言を行う。首相が会談したのは民進、共産、社民各党のほか、おおさか維新の会、生活の党、日本のこころを大切にする党、新党改革の計7党首と、参院会派「日本を元気にする会・無所属会」の代表。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【三菱自動車】25年前から法令違反

三菱自動車は26日、燃費不正問題に関する社内調査の状況を国土交通省に報告し、公表した。国の規定と異なる方法で燃費試験データを収集する法令違反を、25年前の1991年から行っていたことを明らかにした。

記者会見した相川哲郎社長は「知らなかった」と釈明したが、2000年に発覚したリコール(回収・無償修理)隠しで社会的な批判を浴びても違反を続け、自浄作用が働かなかった同社の企業体質が厳しく問われることになる。《時事通信》

【広島・新井貴浩内野手】通算2000安打達成

プロ18年目の39歳、広島の新井貴浩内野手が26日、史上47人目の通算2千安打を達成した。神宮球場で行われたヤクルト3回戦の三回に成瀬善久投手から節目となる適時二塁打を放った。広島での達成者は衣笠祥雄、山本浩二、野村謙二郎、前田智徳に続いて5人目。《共同通信》

【民進党、連合】参院選へ政策協議開始

民進党は26日午前、夏の参院選マニフェスト(政権公約)作成に関する連合との協議を開始した。連合の逢見直人事務局長は国会内で民進党の枝野幸男幹事長、山尾志桜里政調会長に、所得再分配機能の強化や労働者の雇用安定を盛り込んだ重点政策を手渡した。

連合は民進党との関係について、前身の民主党との「支援強化」より格下げとなる「連携」と位置付けた。政治理念を共有できれば再考するとしており、今後の協議の行方が注目される。

重点政策に関し、枝野氏は「重点政策をマニフェストに最大限生かす」と応じ、山尾氏も「方向性は民進党と一致している」と強調した。《共同通信》

【護衛艦・いせ】フィリピンに入港

海上自衛隊最大級のヘリコプター搭載型護衛艦「いせ」が26日、フィリピン北部ルソン島のスービック港に入港した。今月上旬の15年ぶりの海自潜水艦寄港に続く動きで、日本とフィリピンの防衛協力強化を誇示し、南シナ海の軍事拠点化を続ける中国をけん制した。

いせは基準排水量1万3950トン、全長197メートルで、艦首から艦尾まで延びる甲板を備えた空母のような外観の艦船。かつて米海軍の拠点基地が置かれていたスービック湾について、いせの高田昌樹艦長は「外洋から直接港に入ることができ、この海域で行動するにしても良い港だと思う」と指摘した。《共同通信》

【沖縄県宜野湾市・佐喜真淳市長】普天間早期返還を米政府に要請

訪米中の沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長は26日、国務省のヤング日本部長ら米政府高官と相次いで会談し、米軍普天間飛行場(同市)の早期返還を求めた。ヤング氏は日米合意に基づき名護市辺野古への移設を推進する考えを伝えた。会談後、佐喜真氏が記者団に明らかにした。

一方、佐喜真氏は、沖縄県の要請に基づき日本政府が目指す同飛行場の5年以内の運用停止について、会談で触れなかった。米側は辺野古への移設工事の遅れを踏まえ、飛行場を継続使用する方針を崩していない。《共同通信》

【戸川昌子さん】死去

シャンソン歌手で作家の戸川昌子さんが、26日午前5時47分、胃がんで死去した。85歳だった。

東京都出身。商社の英文タイピストとして働くかたわら、「銀巴里(ぎんぱり)」などのシャンソン喫茶に出演。楽屋などで書いた推理小説「大いなる幻影」で1962年に江戸川乱歩賞を受賞した。続く「猟人日記」は64年に直木賞の候補になり、映画化され自身も俳優として出演して話題を呼んだ。《朝日新聞》

【前田健さん】死去

前田健さん(お笑いタレント)が26日、虚血性心不全で死去、44歳。アイドル歌手松浦亜弥さんのものまねで知られた。24日夜、東京都新宿区の路上で倒れ、心肺停止で病院に搬送されていた。《朝日新聞》



4月26日 その日のできごと(何の日)