平成9972日目

平成28年4月27日(水)

2016/04/27

【九州新幹線】全線で運行再開

JR九州は27日、運転を見合わせていた九州新幹線の熊本-新水俣の運転を再開し、14日夜の熊本地震の前震で運休して以来、13日ぶりに全線を復旧させた。九州を縦断する博多-鹿児島中央の256キロがつながり、被災地復興への後押しに期待が高まった。

熊本-新水俣の74キロは、熊本駅の南1・3キロで回送列車が脱線し、撤去に時間がかかるなどして復旧が遅れていた。この日は、午前9時~午後0時半にかけて熊本-新水俣で9本の試験列車を走らせ、安全性を確認。午後2時半すぎに全線の営業運転を再開した。

防音壁が落下した熊本-新八代などで徐行運転するため、博多-鹿児島中央の最速の所要時間は1時間42分と、地震前より25分遅くなる。《熊本日日新聞》



【WBAスーパーフェザー級王座統一戦】内山高志選手、12度目の防衛に失敗

WBA世界スーパーフェザー級王座統一戦は27日、東京・大田区総合体育館で行われ、スーパー王者・内山高志(36=ワタナベ)は暫定王者で同級1位のジェスレル・コラレス(24=パナマ)に2回2分59秒KO負け。勝てば元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高が持つ日本記録の13連続防衛に王手だったが、12度目の防衛に失敗した。《スポニチ》

【WBAスーパーフライ級タイトル戦】河野公平選手が3度目の防衛に成功

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は27日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者・河野公平(35=ワタナベ)が挑戦者の同級7位インタノン・シッチャモアン(29=タイ)から3度のダウンを奪って3―0の判定勝ちを収め、3度目の防衛に成功した。《スポニチ》

【WBAライトフライ級タイトル戦】田口良一選手が3度目の防衛に成功

Embed from Getty Images

ボクシングのWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(29=ワタナベ)は、挑戦者の同級7位ファン・ランダエタ(37=ベネズエラ、カシミ)を11回終了TKOで退け、3度目の防衛に成功した。3試合連続KO勝利にも、試合後は「一発で終わらせていないのであまり実感はない」と満足度は高くなかった。《スポニチ》

【春の園遊会】約1900人が出席

天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が27日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。ノーベル物理学賞を受賞した東京大宇宙線研究所長の梶田隆章さん、タレントの黒柳徹子さん、宇宙飛行士の油井亀美也さん、元サッカー女子日本代表の澤穂希さんら各界から約1900人が出席し、両陛下や皇族方が声を掛けて回られた。

療養中の皇太子妃雅子さまは、12年ぶりとなった昨年秋の園遊会に続き出席。白のスーツ姿で招待客と交流した後、両陛下にあいさつし、皇族方の列を離れ退出した。《時事通信》

【東京都・舛添要一知事】公用車での別荘通い「まったく問題ない」

東京都の舛添要一知事が公用車を使い、ほぼ毎週末、温泉地として知られる神奈川県湯河原町の別荘に通っていたことが27日、分かった。舛添氏が報道陣の取材に明らかにした。舛添氏は「まったく問題ない」との認識を示し、今後も別荘通いを続ける考えを示した。

都によると、舛添氏は昨年4月1日~今月11日の約1年間に計48回、都心から約100キロ離れた湯河原町の別荘まで公用車に送迎させた。金曜の午後2~3時台に都庁を出発するケースが多く、20回に及ぶ。《産経新聞》



4月27日のできごと