平成9879日目

2016/01/25

この日のできごと(何の日)

【フジテレビ】不適切な日本地図で謝罪

フジテレビは25日、22日に放送した「ヒデ&ジュニアのニッポン超安全サミット~知って得する身近なキケン回避法教えます~」で、不適切な日本地図を使用したとして謝罪した。

放送では、日本各地の害獣や害虫から身を守ることをテーマにした部分で、日本地図を使用。放送終了後、四国の部分がオーストラリアになっている、とインターネット上で指摘され、話題になっていた。

フジは「確認不足により、不適切な日本地図を引用してしまいました。お詫び申し上げます。今後はこのようなことのないよう、チェック体制を強化して再発防止に努めてまいります」との文章を番組ホームページに掲載した。《スポーツ報知》



 

【福岡市博多区】氷点下4.4度を記録

強い寒気の影響で、九州・山口地方は25日も引き続き記録的な寒さに見舞われ、断続的に雪が降った。最低気温は各県で氷点下となり、観測史上最低の記録を更新する地域が続出。交通機関も大きく乱れ、鉄道や路線バスが始発から運休するなどして月曜日の通勤、通学を直撃した。スリップ事故や転倒なども相次ぎ、前日からの累計で少なくとも192人がけがをした。福岡管区気象台によると26日にかけて厳しい寒さが続く見込みで、路面凍結などに注意を呼びかけている。

気象台によると、25日午前9時現在の最低気温は、福岡市博多区で氷点下4.4度▽長崎県大村市で氷点下6.2度▽宮崎県小林市で氷点下8・7度–など九州・山口地方の41地点で観測史上最低の記録を更新した。積雪も午前5時現在、長崎市14センチ▽鹿児島市12センチ▽山口市・福岡県飯塚市8センチ▽福岡県久留米市7センチ–など。鹿児島地方気象台によると、鹿児島市の積雪は2011年以来5年ぶり。《毎日新聞》

【東京地裁】舞台「ドタキャン訴訟」土屋アンナ氏が勝訴

モデルで歌手の土屋アンナ(31)が主演舞台の稽古に参加しなかったために中止になったとして、プロデュースした演出家の甲斐智陽氏と製作会社が約3000万円の損害賠償を請求した民事訴訟の判決が25日、東京地裁で開かれ、原克也裁判長は甲斐氏側の請求を棄却した。甲斐氏は閉廷後、報道陣の取材に応じ、「まさか100ゼロで負けるとは」と控訴することを宣言した。

判決では、甲斐氏側の訴えはすべて棄却され、逆に、甲斐氏がネット上で発表した楽曲「ANNA」の歌詞が名誉毀損にあたるとして、土屋側が反訴した件では33万円の支払いを命じられた。《デイリースポーツ》

【神戸地裁】元県議を勾引

日帰り出張を繰り返したなどと偽り政務活動費約900万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁が25日、強制的に出廷させるため勾引したことが、地裁への取材で分かった。同被告は、延期された初公判が開かれる26日、神戸地検によって地裁へ移送される。

関係者によると、地裁は野々村被告が延期された初公判にも出廷しない可能性が高いと判断し、20日付で勾引状を発付していた。発付を受けた神戸地検が25日に執行し、同日午前11時40分ごろ、地裁に引き渡したという。26日午前の初公判までの間、刑事施設で拘束するとみられる。初公判後も、逃走の恐れがあると地裁が判断すれば、別に勾留状を出して刑事施設での拘束を続けることもできる。《時事通信》

【日経平均終値】4日ぶりに1万7000円台回復

週明け25日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、前週末比152円38銭高の1万7110円91銭で取引を終え、19日以来4営業日ぶりに1万7000円台を回復した。原油価格の上昇で投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、ことしに入って初の2営業日続伸となった。

アジア株の堅調な値動きも好感され、幅広い銘柄が買われた。東証株価指数(TOPIX)の終値は18・44ポイント高の1392・63だった。出来高は約22億9100万株。波乱要因だった原油先物相場が持ち直し、前週末に米株式相場が上昇した流れを引き継いだ。《共同通信》

【菅義偉官房長官】「11ある沖縄の市の中で、9人の市長は知事と行動をともにしない」

菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市の市長選で与党が推薦した現職の佐喜真淳氏(51)が再選したことを受け、同飛行場の移設に反対する翁長雄志知事が掲げる「オール沖縄」を「実態と大きくかけ離れている」と批判した。

理由について菅氏は「11ある沖縄の市の中で、(宜野湾市を含めて)9人の市長は知事と行動をともにしない。一目瞭然だ」と説明。「沖縄の基地負担軽減に政府を挙げて全力で取り組みたい」と述べた。《毎日新聞》

【台湾】寒波で60人死亡

台湾紙、聯合報(電子版)によると、台湾を襲った寒波の影響で23日から25日朝にかけて少なくとも60人が死亡した。多くが気温低下による心筋梗塞など心臓や血管の疾患によるとみられるという。

台湾は23日から気温が激しく低下。25日も各地で記録的な低温となり、一部の小中学校は相次いで休校を決めた。地元テレビは北東部の山間部にある自然公園で、道路が大雪の影響で封鎖されるなどして多くの観光客が下山できなくなったと伝えた。《共同通信》

【米大統領選挙】民主党候補3人が対話集会

11月の米大統領選に向け、民主党の候補指名を争うクリントン前国務長官(68)ら3人が25日、中西部アイオワ州で市民との対話集会に臨んだ。2月1日に迫る候補者選び初戦の同州党員集会をにらみ、支持率で先頭を走るクリントン氏と、追い上げるサンダース上院議員(74)は激しい論戦を展開中だ。

対話集会でクリントン氏は「オバマ政権の業績を共和党に台無しにされるわけにはいかない」と述べ、自分こそがオバマ政権の後継者とアピール。サンダース氏は、自身の主張が「既存政治では駄目だと考える国民の琴線に触れている」と述べ、自分こそ大統領にふさわしいと訴えた。《共同通信》



1月25日 その日のできごと(何の日)