2016 平成28年1月20日(水)

平成9874日目

2016/01/20

【東海地方】平野部でも積雪

冬型の気圧配置となった20日、日本列島は日本海側を中心に大雪や強風に見舞われた。東海地方も未明からまとまった雪が降り、名古屋市など平野部でも積雪を観測した。大雪のピークは過ぎたが、引き続き路面の凍結や着雪による倒木などへの注意が必要だ。愛知、岐阜、三重県内では、雪の影響による交通事故などで少なくとも62人がけがをした。

名古屋地方気象台によると、20日朝の平野部の積雪は最大で、愛知県犬山市で14センチ、同県瀬戸市で10センチ、名古屋市と岐阜市で9センチと、いずれも今季初の積雪となった。三重県でもいなべ市など北部で初雪を観測した。《中日新聞》

【パキスタン】武装勢力が大学を襲撃、21人死亡

パキスタン北西部ペシャワル近郊で20日、武装勢力が大学敷地内に侵入して銃を乱射し、学生や教職員ら少なくとも21人が死亡、50人以上が負傷した。約3時間にわたる治安部隊との銃撃戦の末、襲撃犯4人は全員射殺された。武装勢力「パキスタン・タリバン運動」(TTP)の一派が犯行を認めた。

襲撃されたのは、ペシャワル北東約50キロのチャルサダにあるバチャ・ハーン大学。午前9時半(日本時間午後1時半)ごろ、襲撃犯が壁をよじ登ってキャンパスに侵入し、建物の屋上などに陣取って発砲を開始した。

大学には学生約3000人が在籍。事件当時は詩の朗読会が行われており、外部の訪問者数百人もいたという。地元警察によると、犠牲者の多くは男子学生寮で射殺されていた。《時事通信》

【軽井沢バス転落事故】国交省、カメラ映像を公開

長野県軽井沢町のスキーバス転落事故で、現場の約250メートル手前で、高速で走行するバスがセンターラインをはみ出した後、走行車線に戻る様子が監視カメラに写っていたことが20日、国土交通省への取材で分かった。同省は同日、映像を公開。約1キロ手前のカメラでは異変は写っておらず、詳しく分析している。

県警によると、バスは国道18号の入山峠を越えた後の緩い下り坂の左カーブで対向車線にはみ出し、ガードレールを突き破って崖下に転落したとみられる。同省は、事故現場より手前の時点から異変が起きていた可能性があるとみて調べる。《時事通信》

【日経平均終値】1万6500円を割り込む

20日の東京株式市場の日経平均株価は、午後2時1分に前日比563円07銭安の1万6485円30銭と、1万6500円を割り込んだ。1万6500円を割り込むのは2014年10月31日以来。《時事通信》

【甘利明経済再生担当相】「金銭授受報道」を受け会見

甘利明経済再生担当相(66)や甘利氏の事務所側が、千葉県内の建設会社と都市再生機構(UR)の間に生じた補償交渉の口利きの見返りに、建設会社関係者から現金を受け取ったなどとする記事が、21日発売の週刊文春に掲載されることが分かり、甘利氏は20日、記者会見で「国民の皆さんに疑惑を持たれることがないよう説明責任を果たしていく」と述べた。《産経新聞》

【北海道】オホーツク側で記録的大雪

道内は20日も停滞する低気圧の影響で、オホーツク海側などが大荒れの天気となった。正午までにオホーツク管内遠軽町白滝で観測史上最高の積雪128センチを記録。旭川市で雪下ろしをしていた男性が心肺停止で搬送されたほか、道東・道北のJRや都市間バスなどの交通網が寸断された。

21日朝にかけても各地で暴風雪が予想され、札幌管区気象台は猛吹雪や高波などに警戒を呼び掛けている。《北海道新聞》

1月20日/のできごと