2016 平成28年1月19日(火)

平成9873日目

2016/01/19

【第154回芥川賞・直木賞】選考会

第154回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は滝口悠生さん(33)の「死んでいない者」(文学界12月号)と本谷有希子さん(36)の「異類婚姻譚」(群像11月号)の2作に、直木賞は青山文平さん(67)の「つまをめとらば」(文芸春秋)に決まった。

青山さんの直木賞は、1990年の星川清司さん(故人)の68歳に次ぎ史上2番目の年長受賞。東京都内で記者会見した滝口さんは「大変光栄に思っています」と喜んだ。

【BPO放送倫理・番組向上機構】SMAP謝罪でサーバーダウン

フジテレビ「SMAP×SMAP」でのSMAP謝罪生放送を受け19日、BPO放送倫理・番組向上機構のサーバーがダウンし、一時的にウェブサイトがつながらない事態となった。

BPOは、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する第三者機関。リーダー中居正広らメンバーの疲れ切った表情や、SMAP解散、存続に関する明確なコメントがないまま謝罪だけが行われた不自然な光景に「パワハラ的」と感じた多くの人がBPOのウェブサイトに殺到したとみられる。《日刊スポーツ》

【独・メルケル連立政権】支持率が過去最低水準に

日刊紙ビルト紙が世論調査会社INSAに委託した調査で、ドイツのメルケル首相(キリスト教民主同盟)率いる、保守大連立政権の支持率が2.5%下がり、2013年9月の総選挙以来最低水準の32.5%になった。同紙が19日伝えた。

同調査では、右派ポピュリスト政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の支持率が12.5%となり、1%上昇したことも判明した。他機関による調査と比べ、INSA調査でのAfD支持率は、若干高めになる傾向があるという。

同紙は、支持率低下の理由を挙げなかったが、難民問題が取り沙汰されて以来、メルケル首相と首相が率いる連立政権の支持率は下降傾向にある。《ロイター》

【東北・新潟】延べ5万戸で停電

気象庁は19日、強い冬型の気圧配置の影響で、北海道や東北、東日本と西日本の日本海側を中心に大雪の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。東北と新潟では延べ約5万戸で停電が発生。冬型は20日にかけて続き、九州、中四国、東海などの山間部で大雪が見込まれ、平野部でも雪が積もる可能性がある。

交通の乱れ、雪崩、落雪などにも注意を求めた。北海道の根室地方では潮位が高くなり、浸水の恐れがあるとして、約4千世帯の約9700人に避難勧告が出された。潮位が高い状態は20日まで続くとみられ、厳重な警戒が必要とした。《共同通信》

【2015年訪日外国人】前年比47.1%増の1973万7400人

2015年の訪日外国人数(推計値)は前年比47.1%増の1973万7400人となり、3年連続で過去最多を更新した。石井啓一国土交通相が19日の閣議後記者会見で、日本政府観光局のまとめとして発表した。《時事通信》

【軽井沢バス転落事故】事故車両を検証

スキー客ら15人が死亡、26人が重軽傷を負った長野県軽井沢町のバス転落事故で、県警は19日午前、長野県上田市の自動車工場で事故車両の検証を始めた。損傷状況を分析、走行速度などを自動的に記録する運行記録計(タコグラフ)も調べ、原因解明を急ぐ。《共同通信》

【ボクシング】マニー・パッキャオ選手、引退表明

ボクシングの世界主要4団体で6階級制覇したマニー・パッキャオ(37)=フィリピン=が19日、ロサンゼルス郊外ビバリーヒルズで記者会見し「この試合後にグローブをつるすのを幸せに思う。後悔はない」と話し、4月9日の試合を最後に引退することを表明した。AP通信が報じた。

最終戦は過去1勝1敗のティモシー・ブラッドリー(米国)と米ラスベガスで闘う。貧しい農家の出身から英雄の地位を築いたパッキャオは、昨年5月に「世紀の対決」でフロイド・メイウェザー(米国)に判定負けした。《時事通信》

1月19日/のできごと