平成9875日目

2016/01/21

【この日の安倍総理】

参院決算委員会

安倍晋三首相は21日午後の参院決算委員会で、企業・団体献金の禁止について「政党への寄付は各党で議論した結果、認めた経緯がある。民主主義にはコストがかかる。国会で各党が議論してほしい」と慎重な考えを示した。民主党と維新の党は企業献金の禁止法案の今国会提出を目指している。


https://www.kantei.go.jp/

正社員と派遣労働者の賃金格差を是正する「同一労働同一賃金」について「同じ仕事をした場合に同じ賃金が支払われるのは基本的に良い考え方だ。関係者の意見も聞きながら、本格的に検討を進める」と強調した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【全豪テニス】大坂なおみ選手が大金星、3回戦進出

Embed from Getty Images

テニスの4大大会第1戦、全豪オープン第4日が21日、オーストラリア・メルボルンで行われ、女子シングルス2回戦で世界ランキング127位の大坂なおみ(18)が同21位の第18シード、エリナ・スビトリナ(21=ウクライナ)と対戦。6―4、6―4でシード選手相手にストレート勝ちを収め、4大大会初出場で3回戦進出を決めた。《スポニチ》

【インドネシア】高速鉄道起工式

中国が受注したインドネシア・ジャワ島のジャカルタ―西ジャワ州バンドン間高速鉄道の「起工式」が21日、同州ワリニの農園で行われた。監督官庁の建設許可はまだ出ていないが、「見切り発車」の形で事業がスタートすることになった。

高速鉄道は、新幹線方式を提案した日本との競合の末、「インドネシア政府の財政負担や保証は一切いらない」と約束した中国の受注が昨年9月に決まった。事業費は約56億ドル(約6550億円)で、2018年完工、19年の開業を目指している。

ただ、許認可の遅れなどから当初、昨年中に予定されていた起工式は延期。現時点でも区間内のトンネルや橋のデータ不足で運輸省の建設許可が下りておらず、予定通りに事業が進むかは不透明だ。式典にはジョコ大統領や中国の政府関係者らが出席。大統領は「事業が国家予算を使わない点を高く評価したい」と述べた。《時事通信》

【ソマリア】アルシャバーブがレストランを襲撃、19人死亡

アフリカ東部ソマリアの首都モガディシオで21日、海岸沿いのレストランが武装集団に襲撃され、AP通信によると20人以上が死亡した。イスラム過激派アルシャバブが犯行を認めた。

ロイター通信によると、レストラン付近で2台の車が爆発。AP通信によると、襲撃者たちは「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながらレストランに侵入し、客を銃撃したという。

モガディシオでは2011年にアルシャバブが撤退して以降、海岸沿いにホテルやレストランなどの建設が進んでいた。《毎日新聞》

【静岡県警など】LINEに「男児ポルノ」11人摘発

無料通信アプリ「LINE(ライン)」やインターネット電話サービス「スカイプ」で男児の児童ポルノ画像を投稿したり、メール送信したりしたとして静岡、福岡、愛知、広島の4県警の共同捜査班が21日までに、児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの疑いで静岡県内の男子大学生ら全国10都府県の11人を摘発した。捜査関係者への取材で分かった。

LINEでの児童ポルノ画像の公然陳列・提供容疑で摘発されたのは、18歳から52歳までの男子大学生や男性会社員ら9人。9人の容疑は2014年から15年にかけて計五つの男児愛好者のLINEグループに、男児のポルノ画像を投稿して公然陳列したり、グループメンバーにメール送信してポルノ画像を提供したりした疑い。グループには延べ218人が登録し、多数の人がポルノ画像を閲覧できる状態だった。《静岡新聞》

【国交省】夜行バスを一斉監査

長野県軽井沢町のスキーバス転落事故を受けて、国土交通省は21日夜、東京・新宿のバスターミナル近くで、貸し切りバスの一斉監査を行った。

国交省関東運輸局の監査官約20人は同日午後9時半から、東京都庁近くの路上で、スキーツアーなどに出発する前の夜行バス6台を抜き打ちで監査。5人ずつ車内に乗り込んで、詳細な走行ルートが書かれた運行指示書があるかや、交代運転手がいるかなどを調べた。警視庁の警察官もバスを止め、運転手の免許証を確認した。《時事通信》

【JR北海道・小幌駅】日本一の秘境駅を普通列車が誤って通過

21日午後3時40分ごろ、「日本一の秘境駅」と呼ばれる北海道豊浦町のJR室蘭線小幌駅を、長万部発東室蘭行き普通列車が過って通過し、乗車予定だった2人が駅舎のないホームに取り残された。JR北海道は約1時間半後、普通列車とは反対の函館方面に向かっていた特急「北斗」を臨時停車させて2人を「救出」した。

小幌駅は列車か船でしかたどり着けないアクセスの悪さから「日本一の秘境駅」として鉄道ファンの間で知られ、夏場には多くのファンが訪れる。乗車予定だった2人もファンとみられるという。

同社広報部によると、普通列車はホームの端から約200メートル過ぎて停止。運転士が停車駅であることを忘れ、ホームの人影で思い出したという。運転士自らが札幌指令センターに連絡した。《朝日新聞》

【プロ野球・楽天】新人選手が被災地訪問

楽天の新人選手らが21日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県名取市の閖上地区を訪れた。この地での津波の高さを示す8・4mの慰霊碑などを前に被害の説明を受け、ドラフト1位のオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)は「想像以上にひどかったのだなと思った。常にそういう(被災者の)方々のことを思ってプレーしないといけない」と神妙な表情で語った。

案内役を務めた地元の中学校の教頭からは、13年の楽天日本一でいかに被災者が元気づけられたかも知らされた。吉持亮汰内野手(大商大)は「被害に遭われた方に何とか勇気を与えられるよう、選手全員で頑張りたい」と力を込めた。《共同通信》



1月21日 その日のできごと(何の日)