平成9747日目

2015/09/15

【この日の安倍総理】

ベトナム書記長と会談

安倍晋三首相は15日、ベトナムの最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長と首相官邸で会談した。

中国による南シナ海での岩礁埋め立て問題を踏まえ、日本が新たにベトナム側に巡視艇用の中古船を供与することで合意するなど、安全保障・防衛分野の協力強化で一致した。


https://www.kantei.go.jp/

首相は会談後の共同記者発表で「南シナ海での大規模な埋め立てなどへの深刻な懸念を共有したことは有意義だった」と強調。チョン書記長は「日本が地域と世界の平和に積極的に貢献することを支持する。南シナ海や東シナ海での複雑な環境への懸念を共有した」と応じた。

また、チョン書記長は首相が8月に発表した戦後70年談話を念頭に、「平和国家」として歩む日本の決意を評価し、安全保障法制の整備を歓迎する意向を表明した。《毎日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【JR連続不審火事件】自称ミュージシャンの男を逮捕

東京都内のJR施設で不審火が相次いだ事件で、警視庁捜査1課は15日、品川変電所でぼやを起こしたとして威力業務妨害の疑いで、東京都武蔵野市の自称ミュージシャン・A容疑者(42)を逮捕した。8月以降、北区や品川区などで線路脇のケーブルが焼けるなど放火の疑いがある7件の不審火が発覚。捜査1課はA容疑者が関与した可能性もあるとみて調べる。

逮捕容疑は8月23日午後7時半ごろ、品川区広町1丁目にあるJR東日本の変電所の高圧ケーブルに何らかの方法で火を付け、同社社員に緊急対応などの対策を取らせるなどして業務を妨げた疑い。A容疑者は「やったことはやったが、業務妨害になるとは思っていない」と供述している。《スポーツ報知》

【大阪府・松井一郎知事】橋下氏引退表明は「少しの休憩」

橋下徹大阪市長が代表を務める政治団体・大阪維新の会は15日午後、市内のホテルで政治資金パーティーを開いた。幹事長の松井一郎大阪府知事はあいさつで、政界引退を表明している橋下氏に関し「ちょっとの間、休憩する。日本に必要な政治家だ」と述べ、将来的に復帰するとの見通しを示した。橋下氏は新党結成の意向を重ねて示し、「政治に関心が薄れたわけではない」と述べた。

松井氏は11月の市長・知事の大阪ダブル選で再び「大阪都構想」を公約に掲げる意向も表明。橋下氏は10月の新党結成を目指しており「第2ステージを頑張りたい」とも発言し、事実上の「決起集会」となった。《共同通信》

【岸田文雄外相】北・ミサイル実験、発射中止要求

岸田文雄外相は15日の記者会見で、北朝鮮に長距離弾道ミサイル発射実験の中止を求めた。「米国、韓国と連携しながら自制を求めなければならない」と述べた。北朝鮮は、朝鮮労働党創建70年となる10月10日前後の実施を示唆している。

岸田氏は、国連安全保障理事会の対北朝鮮決議に触れ「弾道ミサイル技術を使った、いかなる発射も禁止している。衛星と称しても決議に反する」とけん制した。《共同通信》

【プロ野球・オリックス】球団通算5000勝達成

ソフトバンク1-6オリックス◇15日◇京セラD

オリックスが序盤から着実に得点を積み重ねてソフトバンクに快勝。阪急時代から数えて球団通算5000勝を達成した。

オリックスは2回、2本の安打と犠打で2死二、三塁とすると、駿太の中前適時打で先制。4回にも再び駿太と山崎勝にそれぞれ適時打が飛び出してリードを広げた。

5回はブランコが9号ソロ、6回にはT-岡田がチーム4本目の適時打を放ったオリックス。投げては先発のディクソンが5四球と制球に苦しみながらも6回9安打1失点で踏ん張り、自身シーズン最多タイとなる9勝目をマーク。6月19日の西武戦以来となる約3カ月ぶりの白星を手にした。《スポニチ》

【横綱白鵬関】横綱昇進以来初の休場

大相撲の横綱白鵬(宮城野部屋、30歳)が東京都墨田区の国技館で開催中の秋場所3日目の15日朝、日本相撲協会に休場届を出した。この日、都内の病院でMRI(磁気共鳴断層撮影)検査を受け、左ひざに痛みがあり、「大腿(だいたい)四頭筋腱炎(けんえん)で1カ月の加療を要する」と診断された。

白鵬の休場は大関4場所目の2006年九州場所で左足親指を骨折した全休以来、3度目。07年夏場所後に横綱に昇進してからは初となる。《朝日新聞》

【韓国・柳興洙駐日大使】産経に謝罪要求

韓国の柳興洙駐日大使は15日、東京都内の産経新聞本社を訪れ、同社が8月31日にサイトに掲載した朴槿恵大統領の外交姿勢を評する記事の削除や謝罪を求めた。産経新聞電子版や韓国メディアが報じた。

産経新聞によると柳氏は、記事が「憤りを覚える内容で、朴槿恵大統領や韓国国民を冒涜している」と発言した。同社の熊坂隆光社長は「記事は記者の自由な論評、評論だ」として削除や謝罪要求を拒否した。

一方、東京の在日韓国大使館によると、熊坂社長は「韓国側の求めにすべて応じることは難しいが大使の訪問の趣旨と内容は編集局などに伝える」と答えたと韓国メディアが伝えた。《共同通信》

【オーストラリア】ターンブル首相就任

オーストラリアの与党自由党の党首に選ばれたターンブル氏は15日、首都キャンベラで連邦総督の任命を受け新首相に就任した。自由党など保守連合は下院で過半数を制している。これに先立ち党議員の会合に出席、アボット内閣の閣僚と面会し、新政権発足に向けて始動した。

オーストラリアでは首相が頻繁に交代しており、安定した新政権を樹立することが課題だ。ターンブル氏は15日朝、「繁栄を確実にする基礎をつくる」と述べ、資源ブーム終息への対応など経済対策にも自信を示した。《共同通信》

【セルビア】ハンガリーに国境開放要求

ハンガリーが難民や移民の大量流入を受け、南部のセルビア国境を封鎖した措置に対し、セルビアのブリン社会問題相は15日、難民らの越境阻止は問題の解決につながらないと強調、「国境を開放するようハンガリーに求める」と述べた。セルビアのメディアなどが伝えた。

ハンガリーは欧州連合(EU)の加盟国で、EUを中心に域内の出入国管理を廃止した「シェンゲン協定」に参加。越境を阻止された多数の難民らが同協定の域外国のセルビアにとどまる結果となり、同国では不満と緊張が高まり始めている。《共同通信》

【ドナルド・トランプ氏】不法移民「優遇終わる」

来年の米大統領選の共和党指名争いで支持率トップの実業家トランプ氏(69)が15日、西部ロサンゼルスで安全保障をテーマに演説し「不法移民が退役軍人より優遇されている。そんなことはもうさせない」と強調、抗議のため集まっていたヒスパニック(中南米系)住民らを挑発した。

トランプ氏はロサンゼルス港で博物館として使われている戦艦アイオワ上で退役軍人団体が主催した集会で演説。岸壁では数百人がフェンス越しに「人種差別主義者」「家に帰れ」などとシュプレヒコールを上げた。《共同通信》



9月15日 その日のできごと(何の日)