平成9642日目

2015/06/02

【FIFA】ゼップ・ブラッター会長が辞意表明

巨額汚職事件で現職の副会長らが米当局に起訴されている国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(79)は2日、スイス・チューリヒのFIFA本部で緊急の記者会見を開き、辞意を表明した。ブラッター会長は後任を決めるまで職にとどまる。次期会長選挙は今年12月から来年3月に開かれる臨時総会で行われる。《朝日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【全仏テニス】錦織圭選手、準々決勝で敗退

テニスの全仏オープン第10日は2日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準々決勝で第5シードの錦織圭(日清食品)が第14シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に1―6、4―6、6―4、6―3、3―6で敗れ、日本男子では1933年の佐藤次郎以来82年ぶりとなるベスト4進出はならなかった。《共同通信》

【プロ野球・オリックス】森脇浩司監督の休養発表

プロ野球オリックスは2日、成績不振を理由に森脇浩司監督(54)が休養すると発表した。福良淳一ヘッドコーチ(54)が監督代行に就き、同日の巨人戦(東京ドーム)から指揮を執る。チームは5月31日の敗戦で19勝34敗1分けとなり、自力優勝の可能性が消えた。《日経新聞》

【この日の安倍総理】

かりゆし姿で閣議

安倍晋三首相と全閣僚は2日午前、沖縄の夏の正装「かりゆしウエア」で閣議に臨んだ。6月最初の定例閣議での着用が恒例となっており、夏の軽装「クールビズ」推進の一環。沖縄県の翁長雄志知事から贈られたピンク色のかりゆしを着た首相は、官邸到着時に記者団から着心地を問われ「軽くて涼しくて、気持ちいい」と語った。

閣議前の写真撮影時には、隣に座った甘利明経済再生担当相らとかりゆしのデザインを見せ合い、笑顔を浮かべた。《共同通信》

【沖縄県・翁長雄志知事】マケイン米上院軍事委員長らと会談

沖縄県の翁長雄志知事は2日午前(日本時間3日未明)、訪問先の米ワシントンでマケイン米上院軍事委員長、リード同副委員長と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり対話を継続していくことで一致した。

会談は非公開で行われた。会談後、マケイン氏は「知事と建設的な対話を継続したい。在沖縄米海兵隊の現行移転計画は支持する」との声明を出した。翁長氏は記者団に「沖縄の気持ちを伝えることができ、大変有意義だった」と語った。《共同通信》

【比・アキノ大統領】来日

フィリピンのアキノ大統領が2日、来日した。国賓として5日まで滞在し、天皇皇后両陛下と3日に会見する。4日には安倍晋三首相との首脳会談に臨み、中国による岩礁埋め立てで緊迫する南シナ海情勢を踏まえ、安全保障面での協力強化などが話し合われる見通し。

アキノ大統領は2日午前、マニラ出発前に記者団に対し「領有権問題の公正な解決には法の支配が必要という点で、日本はわれわれと同じ姿勢だ」と強調し、沖縄県・尖閣諸島をめぐり中国と対立する日本が今後も共同歩調を取ることを期待した。《共同通信》

【独・メルケル首相】G7サミットの議題を紹介

ドイツのメルケル首相は2日、ベルリンで記者会見し、今月7、8両日に同国南部のエルマウ城で開かれる先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)の主要議題を紹介した。メルケル氏は「テロとの戦いで何ができるか話し合いたい」と述べ、中東で勢力を拡大している過激派組織「イスラム国」やアフリカのイスラム過激派ボコ・ハラムのテロへの対策を重点的に議論する考えを示した。

メルケル氏はこのために、G7以外の国を交えた会合にイラクやアフリカ諸国の首脳を招待したことを明らかにした。《共同通信》



6月2日 その日のできごと(何の日)