平成9576日目

2015/03/28

【フィギュア世界選手権】宮原知子選手が銀メダル獲得

Embed from Getty Images

フィギュアスケートの世界選手権第4日は28日、上海で行われ、初出場でショートプログラム(SP)で3位と好発進した宮原知子(17=関大高)が、フリーでも自己最高得点の126・58をマーク、合計でも自己最高得点の193・60点を挙げ2位となり、日本勢10大会連続の表彰台をマークした。

宮原は3回転ルッツで回転不足を取れらたものの、冒頭の3―2―2回転やダブルアクセル(2回転半)―3回転トーループなど正確に決めた。

SP1位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(18=ロシア)が、細かいミスはあったもののフリーでもトップの132・74点をマーク、合計210・36点で初優勝。SP2位のエレーナ・ラジオノワ(16=ロシア)がフリー121・96点、合計191.47点で3位に入った。《スポニチ》

広告




【フィギュア世界選手権】羽生結弦選手、銀メダル獲得

Embed from Getty Images

フィギュアスケートの世界選手権第4日は28日、上海で行われ、男子ショートプログラム(SP)で今季自己ベストの95・20点をマークして首位発進したソチ五輪金メダリストの羽生結弦(20=ANA)は、フリーで175・88点、合計で271・08点に終わった。

冒頭の4回転サルコーが2回転となり、4回転トーループで転倒。その後は追いついてジャンプを決めて巻き返したが、得点は伸びなかった。

続くハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)が181・16点、合計273・90点と羽生を上回る得点をマーク。この時点で羽生は、日本人初の連覇という偉業達成はならなかった。《スポニチ》

【NHK連続テレビ小説・マッサン】最終回

【福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ】23年の歴史に幕

歌手で俳優、福山雅治(46)がパーソナリティーを務めるニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”」(土曜後11・30)が28日深夜、東京・有楽町の同局で行われた生放送(第783回)で、足かけ23年の歴史に幕を閉じた。《サンスポ》

【楽天・松井裕樹投手】プロ初セーブ

楽天4―2日本ハム◇28日◇札幌ドーム

楽天が日本ハムの反撃を振り切り、今季から正式にチームの指揮を執る大久保監督に初勝利をプレゼントした。

楽天は2回に相手のバッテリーミスと藤田の中前適時打で先制。その後も3回に松井稼の適時打、4回には再び藤田が犠飛を放ち、小刻みに得点を重ねた。

先発は台湾球界から2年ぶりに楽天へ復帰したレイ。13年の日本一を知る右腕は打線の援護にも助けられ、5回までを投げて無四球で5安打1失点と好投。6回からはリリーフを仰ぎ、うれしい来日初勝利を挙げた。なお、最後に試合を締めた松井裕もプロ初セーブを記録した。《スポニチ》

【プロ野球・阪神】開幕から2試合連続サヨナラ勝ち

阪神1-0中日◇28日◇京セラ

阪神が開幕から2試合連続のサヨナラ勝ちを果たした。これは1リーグ時代を含めて球団史上初の快挙となった。序盤は阪神・岩田、中日・バルデスの両先発が投げ合う展開となった。先にバルデスが6回無失点で降板。岩田は8回を無失点の好投だった。《デイリー》

3月28日/のできごと