平成9119日目

2013/12/26

【安倍晋三首相】靖国神社を参拝

安倍晋三首相は26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。現職としては、2006年に当時の小泉純一郎首相が参拝して以来7年ぶり。第2次安倍政権発足からちょうど1年での決行で、首相としては初めてとなった。首相の参拝を求める保守層に配慮したとみられる。参拝後、首相は記者団に「日本のために尊い命を犠牲にされたご英霊に対し、尊崇の念を表し、手を合わせた」と述べた。

中韓両国は、東京裁判のA級戦犯が合祀されている靖国神社への首相や閣僚の参拝に反対しており、反発は必至だ。《共同通信》



【高橋尚成投手】DeNA入団会見

DeNAは26日、横浜市内の球団事務所で前ロッキーズ傘下3Aの高橋尚成投手(38)の入団会見を行った。5季ぶりの日本球界復帰について高橋はDeNAを選んだ理由について、駒大、巨人の先輩である中畑監督の存在が大きかったことを明かしたうえで「自分らしく、今までやってきたことを出したい。秋には中畑監督を胴上げしたい」と決意を述べた。

【小笠原諸島】新島が西之島とつながる

火山噴火で小笠原諸島(東京)に出現した「新島」が、隣の西之島(小笠原村)につながったことを海上保安庁の航空機が26日、確認した。溶岩が流出し面積を広げていた。島ではなくなり西之島の陸の一部となった。

海保によると、火口からの溶岩で、新島は西之島がある北側に向かって徐々に拡大。26日午前の観測で、北にせり出した幅約200メートルの陸地の両端が、西之島の南岸とつながっているのを確認した。接続した幅は25~50メートルで、その間には海水がたまっていた。

海保は11月20日、西之島の付近で噴火が起き、新島が出現しているのを初めて観測。当初は東西の方向に、12月中旬以降は北に面積を広げ、24日には西之島まで約10メートルに迫っていた。火山活動が収まってから正確な測量に着手するという。《共同通信》



12月26日のできごと