平成8352日目

2011/11/20

【行政刷新会議】「政策仕分け」スタート

政府の行政刷新会議が主要政策の問題点を洗い出し改革の方向性を示す「提言型政策仕分け」が20日、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館で始まった。原子力・エネルギー分野では高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)を運営する独立行政法人への交付金の在り方も議論する。

野田政権での仕分けは初めて。中長期的な制度改革に向けて新たな方向性を提示できるかが焦点となる。その場で事業の存廃などを判定した事業仕分けとは異なる初の試みだけに、運営方法も注目されそうだ。《共同通信》

政府の行政刷新会議は20日午前、都内で「提言型政策仕分け」をスタートさせた。午前9時半の開会式を皮切りに夕方まで議論は続き、23日まで4日間行われる予定。

「提言型政策仕分け」は、行政のムダ削減や効率化・透明化の観点から大きな成果を上げてきたこれまでの「事業仕分け」をより深化させ、東日本大震災という国難を乗り越え、新しい日本を作り上げる議論の場と位置づけられている。単発的な各論から、大きな政策や制度に位置づけられた各論、そして政策論へと整理していくことを目指す。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【プロ野球・日本シリーズ】ソフトバンク、8年ぶり5回目の日本一

プロ野球のコナミ日本シリーズ2011は20日、ヤフードームで第7戦を行い、地元のソフトバンク(パ・リーグ)が3―0で中日(セ・リーグ)を破り、対戦成績を4勝3敗として8年ぶりのシリーズ制覇を果たした。2005年にソフトバンクとなってからは初めてで、南海、ダイエー時代を含めると通算5度目の日本一となった。

最高殊勲選手(MVP)にはソフトバンクの小久保が選ばれた。ソフトバンクは中日とはダイエー時代の1999年以来2度目の顔合わせで前回に続いて日本シリーズを制した。中日の落合監督は、リーグ2連覇しながら2年続けて日本シリーズで敗れた。《共同通信》

【福島県大熊町長選】現職再選

福島県大熊町長選は、「ふるさとに戻ることが原点」と主張した現職の渡辺利綱氏(64)が3451票を獲得、「帰れないことを前提に取り組む」と訴えて2343票を得た新顔の木幡仁氏(60)を破り再選を決めた。住民は町に戻って復興を目指すことを選択した。

町には福島第一原発の1~4号機があり、全域が警戒区域で全町民の避難が続く。原発近くではいまも高い放射線量が計測されており、町の将来像をどう描くかなどが争われた。

渡辺氏は「帰れないと悲観的な町民が多くなっているが、ふるさとを取り戻すのが大事」と主張。当選を決め、「除染で住める環境をつくる。町としても復興計画をつくる」と語った。《朝日新聞》

【野田佳彦首相】インドネシアから帰国

野田首相は20日朝、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席するため訪問していたインドネシア・バリ島から政府専用機で羽田空港に到着、帰国した。《読売新聞》



11月20日 その日のできごと(何の日)