平成7974日目

2010/11/07

【この日の民主党】

岡田克也幹事長、茨城で会見

岡田克也幹事長は7日午後水戸市内で、記者団から茨城県を回った感想を求められ、「茨城は去年の総選挙で保守王国茨城から大きく変わった注目県であり、統一地方選に先立って県議選が行われるということで、党としても力を入れていきたい」と意気込みを述べた。あわせて、「候補者もたくさん意欲的に立ててもらったので、全員当選を目指して県連にも頑張っていただきたいし、党としても後押ししたい」と手応え感を示した。さらに今回の県議選で注目すべき点についての質問には、「今回の選挙がきっかけで保守王国の茨城の政治が、県政レベルにおいても変わればいいと思う」と期待を寄せた。

次に、昨日菅直人総理(代表)がTPP(環太平洋連携協定)の参加について協議を開始するということを発表したことへの受け止めを求められ、「党内、政府内、非常に難しい問題について議論を尽くして、いい決断だったと思う」との所感を述べた。さらに、「ここ数年間、日韓や日EUとなど、経済連携についての交渉が全くほぼ死んだ状態になっていたが、この1年間で何とか交渉のところまで持ってきた。協議については『国をひらく』という大きな方向性を持ってしっかりやっていきたい」との考えを語った。

最後に岡田幹事長は補正予算審議の野党の対応について、「国民生活に密着した補正予算をしっかりと審議を行って時期が来れば採決するということは国民の視点に立てば当然のことで、現実に国民生活に直面している皆さんの立場や苦しさをどこまで理解しているかと思う」と補正予算を楯にとって無理難題を押し付けている野党の姿勢を強く批判した。《民主党ニュース》



【プロ野球日本シリーズ】ロッテ、史上最大の下克上

中日7-8ロッテ◇第7戦◇7日◇ナゴヤドーム

ロッテが中日との2試合連続の延長戦を制して日本一に輝いた。7-7の延長12回、岡田幸文外野手(26)の適時三塁打で勝ち越し、対戦成績を4勝2敗1分けとして5年ぶり4度目のシリーズ制覇を達成した。西村徳文監督(50)は史上9人目となる就任1年目での日本一。

レギュラーシーズンは3位に終わったが、クライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズで計10勝4敗1分け。言い続けてきた「和」が結実し、リーグ3位から史上初の快挙を成し遂げた。《日刊スポーツ》

【河野雅治駐ロ大使】帰任

政府は7日、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問を受け一時帰国させた河野雅治駐ロシア大使をモスクワに帰任させた。前原誠司外相が同日までに菅直人首相と協議して決めた。《共同通信》

【APF通信代表・山路徹氏】ミャンマー不法入国容疑で拘束

ミャンマー東部カイン州ミャワディのタイ国境付近で7日、APF通信社(東京都港区)代表で、ジャーナリスト、山路徹さん(49)が不法入国容疑で警察当局に拘束されたことが分かった。在ミャンマー日本大使館が電話取材に明らかにした。山路さんは同国で20年ぶりに実施された総選挙の関連取材のため、タイ国境を越えた直後に拘束されたとみられる。

大使館によると、山路さんは7日午前8時半(日本時間同11時)ごろ、ミャワディに入ったところを地元警官らに見つかったらしい。ミャワディは今夏まで国境が開かれていたが、現在は閉鎖されている。ミャンマー軍事政権は今回の選挙で外国人記者の入国を禁止し、取材を規制していた。《毎日新聞》



11月7日のできごと