平成7975日目

2010/11/08

【菅直人首相】「石にかじりついてでも頑張りたい」

11月8日は何の日【菅直人首相】「石にかじりついてでも頑張りたい」
http://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は8日の衆院予算委員会で、今後の政権運営について「私自身、どこまで頑張りきれるかわからないが、石にかじりついてでも頑張りたい」と述べ、引き続き政権を担う意欲を表明した。首相は近年相次いでいる首相交代について「日本の政治の大きなマイナス点」と指摘。その上で「4年間の衆院任期をメドに(2大政党の)一方の政党が頑張り、4年後の解散・総選挙で継続するか国民の信を問う。そういう慣例になることが望ましい」と語った。

菅首相は併せて、8日までに米CNNテレビでのインタビューに応じ、沖縄県・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件を巡る菅政権の対応に関し、政府の対応は適切だったとの認識を表明。首相はインタビューで「5年、10年後に振り返った時、自分の内閣が冷静に対応したことは、きちんと評価されると確信している」と語った。《毎日新聞》




【横浜・内川聖一内野手】FA移籍を視野に書類提出

今季取得した国内フリーエージェント(FA)権の行使を表明していた横浜の内川聖一内野手(28)が8日、球団に書類を提出した。横浜市内の球団事務所で記者会見した内川は「しっかりした環境で、やるぞと思わせてくれる球団でやりたい」とチームのビジョンを決断の基準に挙げた。

横浜は4年の大型契約を提示したとみられる。内川は「自分のスタイルがどう評価されているか興味がある。FA宣言して残るとなったら、相当な勇気と覚悟が必要」と心境を語った。

横浜の村田修一内野手(29)は、今季取得した国内FA権の行使を熟慮中とし「何が最善なのか、決めきれない部分がある。今週中には、はっきりさせたい」と話した。《スポニチ》

【レフリー・ジョー樋口さん】死去

プロレスリング・ノアは8日、元プロレスラー、レフェリーで、同社の監査役兼GHCタイトル管理委員長のジョー樋口(ひぐち)さんが同日午前5時38分、肺腺がんのため東京都内の病院で死去したことを発表した。81歳だった。神奈川県出身。レスラー引退後には、故ジャイアント馬場さんらとともに全日本プロレスの設立に尽力すると同時に、レフェリーとしても数々の名勝負を裁いた。通夜、告別式は近親者のみで執り行う。《日刊スポーツ》

11月8日/のできごと