平成7695日目

2010/02/01

【鳩山由紀夫首相】普天間移設「5月までに結論」

Embed from Getty Images

鳩山由紀夫首相は1日、衆院本会議の代表質問に対する答弁で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「与党3党合意のもとでの(移設先)選定、地元の受け入れ同意、米側との合意の3点を念頭に置いて5月までに結論を出す」と述べ、移設先の地元合意や米側の理解も含めて5月中に決着させる意向を表明した。同時に「無責任な先延ばしの発想は一切ない。国が責任を持って結論を出す」と強調した。《福井新聞》

広告




【鳩山由紀夫首相】メキシコ大統領と会談

Embed from Getty Images

鳩山首相は1日夜、首相官邸でメキシコのカルデロン大統領と会談した。会談後の共同記者会見で、首相は「メキシコも日本も、経済は対米依存だった。そこから脱却していこうではないかという認識を互いに持った」と述べた。両国のEPA(経済連携協定)を一層強化したいとの趣旨だったというが、首相はすぐに「言うまでもないが、互いに米国が最も重要な2国間関係だ」と強調した。

首相は昨年10月の日中韓首脳会談で「日本は今までややもすると米国に依存しすぎていた」と発言し、米国の反発を招いた。首脳会談では、気候変動や核軍縮・不拡散など、世界規模の課題に日本とメキシコが連携して取り組むことなどをうたった共同声明をまとめた。《読売新聞》

【貴乃花親方】相撲協会理事選に「当選」

日本相撲協会の任期満了に伴う役員改選が1日、東京・両国国技館で行われ、一門を離脱して強行出馬した貴乃花親方が苦戦の予想を覆し、当選した。貴乃花親方は二所ノ関一門の総意に反して強行出馬。自ら一門を離脱した同親方を支持する6人の親方も事実上、破門される異例の事態となった。当選には10票前後が必要とされ、苦戦の予想だった。《共同通信》

【稲盛和夫氏】日本航空会長に就任

企業再生支援機構の支援を受けて再出発した日本航空は1日、会長に京セラ名誉会長の稲盛和夫氏、社長に大西賢氏が就任し新し経営体制が発足した。稲森会長は東京都内で記者会見し、路線見直しについて「国際線のないJAL(日航)はイメージがわかない。国内線も国際線とともに発展させたい」と述べ、国際線からの撤退の可能性を否定した。《福井新聞》

2月1日/のできごと