平成7485日目

2009/07/06

【大阪此花区パチンコ店火災】41歳男逮捕

大阪市此花区四貫島のパチンコ店「cross-ニコニコ」が放火され、4人が死亡、19人が重軽傷を負った事件で、此花署捜査本部は6日、現住建造物等放火と殺人などの疑いで、大阪市此花区、A容疑者(41)を逮捕した。A容疑者は「自分がやった」としてこの日正午すぎ、山口県警岩国署に出頭、同署で事情を聴いていた。府警によると、A容疑者は「だれでもいいから殺したかった」と供述しているという。

逮捕容疑は5日午後4時15分ごろ、パチンコ店の南東側出入り口から押し入り、持ち込んだバケツに入っていたガソリンのような液体をまいてマッチで放火。客ら男女4人を死亡させ、19人に重軽傷を負わせたほか、パチンコ店約400平方メートルをほぼ全焼させたとしている。

パチンコ店の防犯カメラ映像には、A容疑者に酷似した黒いTシャツを着た男がバケツの液体をふりまいて火をつける様子が写っていた。パチンコ店から南東約800メートルのホームセンターの防犯カメラには、バケツとガソリン用の赤い鉄製の携行缶、マッチを購入する男が写っており、この男も黒いTシャツを着ていた。《産経新聞》




【クリスティアーノ・ロナウド選手】Rマドリード入団セレモニー

Embed from Getty Images

スペイン1部リーグの名門レアル・マドリードに移籍加入した昨年の世界最優秀選手のクリスティアノ・ロナルド(ポルトガル)が6日、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで約8万人に迎えられて入団セレモニーを行い「最高にうれしい。レアルに来るという幼少からの夢がかなった。僕のためにこれだけ集まってくれるとは…。マドリード万歳」とあいさつした。

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドから、史上最高額の8千万ポンド(約129億円)で移籍した24歳のロナルドは、背番号9のユニホームを着てさっそうと登場。ブラジル代表のスター選手カカの入団イベントに集まった5万人をはるかに上回る大観衆に晴れやかな笑顔を振りまいた。

ロナルドはピッチ上に設けられた特別ステージで、得意のリフティングを披露。同クラブを代表する往年の名選手ディステファノ氏や元ポルトガル代表の大先輩エウゼビオ氏と抱擁をかわし、感無量の表情だった。《共同通信》

【麻生太郎首相】サミット出席のためイタリアへ

麻生太郎首相は6日、主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)出席のためイタリアへ出発した。「外交の麻生」を自負するだけに、サミット外交で実績を挙げ政権浮揚のきっかけをつかみたいところだが、重要な外交行事を花道に退陣を余儀なくされた歴代首相も少なくない。帰国直後の12日は政局に直結する東京都議選の投開票日。首相は鬼門を突破できるか。《福井新聞》

7月6日/のできごと