平成7376日目

2009/03/19

【大阪府庁移転条例】可決困難に

大阪府の橋下徹知事が進める、府庁を大阪市の第三セクター「大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC)に移転する構想について、公明党府議団は19日、「原案には賛成できない」として府議会で審議中の移転関連予算案と条例案に反対する方針を決めた。

公明党は自民党とともに知事与党の立場だが「議会として十分な議論ができていない。あまりにも拙速だ」としている。条例案の可決には出席議員の3分の2以上の賛成が必要で、原案通りの可決は極めて厳しい状況となった。《福井新聞》

広告




【政府】対北朝鮮追加制裁を検討

政府は19日、北朝鮮が「人工衛星」打ち上げ名目で弾道ミサイルを発射した場合、日本が独自に追加経済制裁を発動することも視野に具体的な検討に入った。日本単独では大きな効果は期待できないものの、北朝鮮に対し「断固たる姿勢を示すべきだ」(政府筋)との判断がある。

麻生太郎首相は同日の参院予算委員会で「国連安全保障理事会で(制裁決議などを)しっかり議論するのが第一」とした上で「制裁をさらに強めるという案も含め総合的に判断する」と表明。米中韓など各国の動向や拉致問題への北朝鮮対応を見極めた上で、単独制裁の是非を判断する必要性を指摘した。《福井新聞》

3月19日/のできごと