平成7353日目

2009/02/24

【麻生太郎首相】米・オバマ大統領と会談

麻生太郎首相とオバマ米大統領の24日の首脳会談に合わせ、恒例のプレゼント交換が行われた。麻生氏からオバマ一家向けに、大統領の名前と同じ発音で一躍有名になった福井県小浜市の民芸品のはしが贈られた。


https://www.kantei.go.jp/

麻生氏は、オバマ氏が得意のバスケット・ボールにちなみ「OBAMA」のネームと第44代大統領を意味する背番号「44」が記されたユニホームも贈呈。ミシェル夫人には夫人の趣味である「数独」の金属製ボードゲームを手渡した。

オバマ氏から麻生氏へはサイン入りのワシの置物がプレゼントされた。《共同通信》



麻生太郎首相とオバマ米大統領は24日午前(日本時間25日未明)、ホワイトハウスで行った初の首脳会談で、北朝鮮が長距離弾道ミサイルとみられる「人工衛星」の発射準備をしていることについて「緊張を高める行動をとるべきではない」とし、強く自制を求めた。また、世界的な経済・金融危機の克服に日米が共同で全力を挙げるとともに、ドルの基軸通貨としての信頼性維持が不可欠との認識で一致した。

両首脳は、「人工衛星」が実際に発射されれば「初動対応が重要」として、国際社会が迅速に厳しい対応を取る必要があるとの考えで一致。大統領は、拉致問題を重視する日本の立場に理解を示した上で、核やミサイルも含めた北朝鮮の問題で「日米の緊密な連携が重要だ」と伝えた。6カ国協議を通じて完全かつ検証可能な非核化を目指す原則も改めて確認した。《時事通信》



2月24日のできごと