平成7170日目

2008/08/25

【この日の福田総理】

経済財政諮問会議

平成20年8月25日、福田総理は総理大臣官邸で平成20年第21回経済財政諮問会議を開催しました。

この日の会議では、真に必要な財源を集中し、日本経済をより強固なものとする「安心実現のための総合対策」について議論を行いました。有識者委員からは、総合対策の策定に当たって、対策の基本的考え方や対策に盛り込むべき重点事項等について提案がありました。

福田総理は、「今の状況は我が国で解決できるもの、我が国では解決できない問題と両方ある。しかし、我が国は取り組むべき問題を一つ一つ、丁寧にやっていくということが必要である。その中でも、中小企業の問題については真剣に取り組みたい。特に、中小企業金融ではいろいろな問題があるという御指摘もあるので、金融担当大臣には既に申し上げてあるけれども、できる限り政府としてとれる対策をとっていきたい。それから、経済対策については、当然ながら財政事情の問題もあるけれども、これから真剣に詰めていく。自分としては、国民の不安感にどうこたえるか、実効性のある対策をしたい。 」と述べました。《首相官邸》



【堀江貴文被告】弁護団が全員辞任

ライブドア(LD)事件で、証券取引法違反罪に問われ、1、2審で懲役2年6月の実刑判決を受けたLD元社長、堀江貴文被告(35)の弁護団は25日、上告申し立てをした4人の弁護人全員が東京高裁に辞任届を提出したことを明らかにした。

主任弁護人の高井康行弁護士は、辞任の理由について「控訴審で弁護団の主張が認められず、上告審では新しい切り口で検討すべきと判断した」と説明、「堀江被告とも意見が一致した結果の辞任」と話している。また、新たな弁護団については「答える立場にない」とした。《産経新聞》

【静岡県教育委】女子高生から借金、高校教諭を減給処分

勤務する学校の女子生徒から計30万円を借りるなどしたとして、静岡県教育委員会は25日、県東部の県立高校男性教諭(33)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。教諭は、家庭の事情で一時的な借金があり、「貸してくれると言うので甘えてしまった」と反省しているという。

県教委によると、教諭は4月から5月にかけて、昨年8月から委員会活動で指導していた女子生徒から、4万円を1回と13万円を2回、計30万円を借りた。《時事通信》

【自衛官いじめ自殺訴訟】高裁、国に賠償命令

海上自衛隊佐世保基地(長崎県佐世保市)の護衛艦さわぎりの艦内で1999年、男性3等海曹=当時(21)=が自殺したのは上司のいじめが原因として、宮崎市の両親が国に2000万円の賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は25日、請求を棄却した1審長崎地裁佐世保支部判決を変更、350万円の支払いを命じた。

判決理由で牧弘二裁判長は「3曹はうつ病が原因で自殺したと認められ、その原因は上司の侮辱的言動によるストレス」と認定。「上司の言動は3曹をひぼうし、心理的負荷を過度に蓄積させるような内容で、指導の域を超える違法なものだ」と指摘し、自殺と因果関係があると判断、国の安全配慮義務違反を認めた。《共同通信》

【女優・深浦加奈子さん】死去

女優深浦加奈子さんが25日午後10時57分、都内の病院でS状結腸がんのため亡くなった。48歳だった。葬儀は親族のみで行い、後日お別れ会を開く。

明大大学中の80年に第三エロチカ旗揚げに参加し、看板女優として活躍。89年に退団後はドラマ「家なき子」「スウィート・ホーム」「ナースのお仕事」や映画「サトラレ」「たそがれ清兵衛」に出演。小じゅうと役やお局などの役柄で人気を得た。しかし、03年3月に結腸がんで手術を受け、その後は肝臓や肺に転移したため入退院を繰り返した。仕事量を減らしながらも体調のいい時に活動を続け「科捜研の女」「救命病棟24時」などに出演した。《日刊スポーツ》



8月25日のできごと