2008 平成20年1月10日(木)のできごと(何の日)

平成6942日目

平成20年1月10日(木)

2008/01/10

【第81回キネマ旬報ベストテン】1位「それでもボクはやってない」

2007年公開の映画を対象とした第81回キネマ旬報ベストテンが10日発表され、日本映画の1位に「それでもボクはやってない」(周防正行監督)が選ばれた。

電車内で痴漢と間違われ逮捕・起訴された青年の姿を通し、日本の司法制度を描いた作品で、ほかに周防氏が監督、脚本の両賞、加瀬亮さんが主演男優賞に決まった。

外国映画の1位は、経済発展が急速に進む中国の人々を描いた「長江哀歌」(賈樟柯=ジャ・ジャンクー監督)だった。《スポニチ》




【WBCバンタム級タイトル戦】長谷川穂積選手が5度目の防衛に成功

ボクシングのバンタム級ダブル世界タイトルマッチは10日、大阪府立体育会館で行われ、世界ボクシング評議会(WBC)ではチャンピオンの長谷川穂積(真正)が判定勝ちで5度目の防衛に成功した。しかし、世界ボクシング協会(WBA)では同級4位で世界初挑戦の池原信遂(大阪帝拳)は判定で敗れた。

長谷川は同級1位のシモーネ・マルドロット(イタリア)を3―0の判定で下した。2回に右目上を負傷して流血したが、慌てることなく攻めてポイントを稼いだ。長谷川の戦績は25戦23勝(7KO)2敗。

池原は王者のウラジーミル・シドレンコ(ウクライナ)に0―3の判定で完敗。王者のうまさに攻めあぐみ、最後までリズムをつかめなかった。戦績は池原が29戦27勝(19KO)2敗で、6度目の防衛を果たした王者が23戦21勝(7KO)2分け。

日本のジムに所属する現役世界王者は5人で変わらない。《スポニチ》

【ゴルフ・石川遼選手】プロ宣言

男子ゴルフの石川遼選手(16)=東京・杉並学院高1年=が10日、東京都内のホテルで記者会見してプロ転向を宣言し、今季から高校生プロとして活動することになった。

同選手は「きょうは自分の最高の夢をかなえるために前進した日になった。プロでやっていく覚悟もできた」と決意を語った。これまでの最年少プロは山浦記義(46)の16歳11カ月で、石川選手の16歳3カ月はこれを上回る。《時事通信》

【埼玉県警】タクシー禁煙に立腹して運転手を暴行、タクシー運転手逮捕

埼玉県警川口署は10日、タクシーの車内で喫煙を断られたことに腹を立て、運転手を殴ったとして、同県川口市、タクシー運転手A容疑者(51)を暴行の現行犯で逮捕した。

調べによると、A容疑者は同日午後9時5分ごろ、タクシーで帰宅する途中、男性運転手(42)に喫煙を申し出たが、「全面禁煙なので吸えない」と断られて立腹。運転席の背もたれを何度もけった上、自宅近くの路上で、運転手の顔を殴ったり、腹をけったりした。A容疑者はかなり酒に酔っていた。東京都内にあるこのタクシー会社では今月7日から全面禁煙を実施していた。A容疑者の会社も車内禁煙になっていた。《読売新聞》

1月10日のできごと

シェアする

フォローする