平成51日目

平成元年2月27日(月)

1989/02/27

【中曽根康弘前首相】リクルート疑惑を否定

中曽根前首相は27日午後、都内の自民党中曽根事務所で記者会見し、リクルート事件に絡んで「刑事事件にかかわることは一切ない」と明言、疑惑への関与を全面的に否定した。

野党側が一致して求めている証人喚問については「私は全く潔白で、疑惑はない。喚問の必要を感じない」と述べ、応ずる考えのないことを明らかにした。《共同通信》




【ZIGGY】シングル「ONE NIGHT STAND」発売

2月27日のできごと(何の日)

【大相撲・寺尾関】新関脇に昇進

日本相撲協会は27日、3月12日から大阪府立体育館で始まる大相撲春場所の新番付を発表。けれん味にない突き、押し相撲で人気を集める寺尾が新三役でいきなり西の関脇に昇進した。関脇在位を連続9場所に伸ばした兄の逆鉾と東西に並び、史上初めての兄弟同時三役の快挙を達成した。《共同通信》

【竹下登首相】侵略事実あった

大喪の礼による自然休会を終えて27日、衆院予算委員会が審議を再開、昭和63年度補正予算案に対する質疑を行った。

この中で竹下首相は第二次世界大戦をめぐる認識について「侵略的事実があったことは否定できない」と述べ「後世の史家が評価すべきだ」とする国会答弁を事実上、訂正した。

侵略戦争認定を避けた竹下首相の発言については中国、韓国などアジア各国から強い反発を招き、大喪の礼に参加した関係国首脳との会談でも、首相自らが釈明せざるを得ない事態となっていた。《共同通信》

2月27日のできごと