平成6556日目

平成18年12月20日(水)

2006/12/20

【青島幸男さん】死去

直木賞作家で、東京都知事や参院議員を務めた青島幸男さんが20日午前9時半、東京都江東区内の病院で死去した。死因は血液がんの一種である骨髄異形成症候群。74歳だった。

1932年、東京・日本橋の仕出し弁当屋の次男に生まれた。早大大学院在学中に漫才の台本を書き始め、20歳代で放送作家としてデビュー。「シャボン玉ホリデー」を手がけるなど草創期のテレビ界で活躍した。67年からのテレビドラマ「意地悪ばあさん」では主演を務め、お茶の間の人気を集めた。大ヒットした「スーダラ節」の作詞を手がけ、初めての小説「人間万事塞翁が丙午」では直木賞を受賞するなど、文化人として多彩な才能を発揮した。

政界でも活躍した。35歳だった68年、参院の全国区に初めて立候補し、120万票を集めて初当選するなどタレント議員のパイオニア。故市川房枝参院議員の遺志をついで「二院クラブ」の代表を務め、「選挙に金をかけるから後で回収しようとして政治腐敗が起きる」との考えから、以後は街頭演説など選挙運動らしいことをしないスタイルを確立した。

参院5期目の95年には東京都知事選に立候補。自民、社会、公明など主要政党が相乗りした官僚出身候補に約50万票差をつけて圧勝した。

都知事就任後、公約通り世界都市博覧会は中止したが、その後は都官僚と協調路線を取ることも多くなり、選挙時に支持した市民団体からは「ミスター公約違反」と批判を浴び、1期4年で知事を退いた。01、04年の参院選にも立候補したが落選し、04年に政界からの引退を表明した。《朝日新聞》

【尾身幸次財務相】2007年度予算財務省原案を閣議に提出

尾身幸次財務相は20日午前の閣議に2007年度予算の財務省原案を提出、各省庁に内示した。景気拡大に伴う税収の大幅増で新たな国債の発行額は過去最大の4兆5410億円を減額し、25兆4320億円に抑制して財政収支は改善。一方、高齢化を背景に社会保障費の増加は続き、一般会計総額は06年度当初予算比4.0%増の82兆9088億円と、2年ぶりに増加した。

安倍政権による初の予算編成は、道路特定財源の一般財源化問題で抜本的見直しを先送りするなど、本格的な財政改革へは大きな課題を残した。地方交付税の抑制が続くことから地方間格差が拡大。「再チャレンジ」支援でも目玉の事業に欠け、格差問題は素通りした形だ。《共同通信》

【カンニング・中島忠幸さん】死去

人気お笑いコンビ、カンニングの中島忠幸さんが20日午前、白血病ウイルス性肺炎のため都内の病院で死去した。35歳だった。中島さんは04年12月末に急性リンパ球性白血病で入院。入退院を繰り返しながら闘病生活を送っていた。《日刊スポーツ》

12月20日のできごと