平成6550日目

平成18年12月14日(木)

2006/12/14

【松坂大輔投手】レッドソックス入団会見

プロ野球西武ライオンズの松坂大輔投手(26)の大リーグ、ボストン・レッドソックスへの移籍が正式に決まり14日(日本時間15日)、本拠地球場のフェンウェイ・パークで入団発表があった。松坂は「レッドソックスの一員になれたことをうれしく思い、非常に興奮しています」と喜びを口にした。

Embed from Getty Images

松坂が「RED SOX」のユニホームを掲げる。西武時代と同じ背番号「18」を示すと、会場がどよめいた。「開幕からメンバー入りして、ワールドチャンピオンになれるように、少しでも力になりたい」と話した。球団によると契約年数は6年。米メディアは年俸総額が5200万ドル(約61億円)の契約と報じた。入札金と合わせ120億円近くになった。《朝日新聞》

【東芝】音楽事業撤退を発表

東芝は14日、矢沢永吉(57)松任谷由実(52)宇多田ヒカル(23)ら人気歌手が所属する東芝EMIの株式を英EMIグループに売却することを発表した。東芝EMIの株式のうち、55%は英EMI、45%は東芝が持っていたが、東芝は07年度上期に保有株すべてを約210億円で譲渡し、音楽事業から撤退する。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】地方分権担当相を新設へ

安倍晋三首相は14日、国から地方へ権限移譲する地方分権を推進するため、特命相として地方分権担当相を新設し、菅義偉総務相を兼任させる人事を内定した。15日の閣議で決定、発令される。《共同通信》

12月14日のできごと