平成6541日目

平成18年12月5日(火)

2006/12/05

【民放連など】「YouTube」に著作権侵害対策を要望

日本音楽著作権協会や日本民間放送連盟など著作権関連の23団体・事業者は5日、米国の動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」が、テレビ番組など著作権を侵害する映像を多数掲載していることについて、事前防止策を徹底するよう要請する文書を送付したと発表した。

要請は4日付けで行い、著作権侵害を排除するシステムを早期に実現することを求めた。暫定措置として、著作権を持たない映像を投稿することは違法との日本語の表示を行うほか、投稿者の氏名や住所を登録させることなどを求めた。今月15日までに、要請への対応について回答するよう求めた。

23団体・事業者は10月に、権利侵害と認定した映像約3万件の削除を要請し、「YouTube」はこれに応じたが、それ以降も著作権を侵害する映像の投稿が続いているという。《読売新聞》

【北海道夕張市】職員の85%が早期退職を検討

来年度からの財政再建団体移行に伴い、総人件費の大幅削減を断行する北海道夕張市で、早期退職を検討している職員が8割を超えることが5日、市職員労組の行ったアンケート調査で分かった。仮に回答した全員が辞めると、一般職は一気に4分の1に減少し、行政運営に困難を来しかねない状況だ。

夕張市は、総人件費カットで8億5000万円の歳出削減を目指す。実質2年で職員(4月現在309人)を半減するほか、給与を平均30%カットし、退職金は段階的に4年間で最大4分の1まで減らす方針。これを受け、市職労は11月30日から12月1日にかけアンケートを実施し、組合員189人(消防、医療職除く)と管理職35人、計224人から回答を得た(回答率85・5%)。《読売新聞》

【安倍晋三首相】初の政労会見

安倍晋三首相は5日午後、連合の高木剛会長との「政労会見」を安倍政権発足後初めて官邸で行った。首相はパート労働者への厚生年金の適用拡大について「ぜひやりたい。労使、多方面で(協力して)やっていきたい」と重ねて意欲を表明した。《共同通信》

12月5日のできごと