平成5719日目

2004/09/04

【美浜原発蒸気漏れ事故】美浜原発を家宅捜索

11人の死傷者を出した福井県の関西電力美浜原発3号機事故で敦賀署の捜査本部は4日、業務上過失致死傷の疑いで同発電所構内にある関電事務所と検査会社「日本アーム」美浜作業所の2カ所を家宅捜索した。二次系配管の点検などにかかわる関係書類多数を押収、5日も引き続き捜索を続ける。国内の原発史上最悪となった事故は、関係者の刑事責任追及に向けて本格的に動き出した。

国内の原子力施設では、高速増殖炉もんじゅのナトリウム漏れ(1995年)や東海再処理工場火災・爆発(97年)、JCO臨界被ばく(99年)など、実験炉や核燃料施設の事故で関係者の刑事責任が問われた例はあるが、商業用原発では極めて異例。《福井新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【皇太子妃雅子殿下】4カ月半ぶりに外出

体長を崩し、昨年12月からすべての公務を休んでいる皇太子妃雅子さま(40)が4日、4カ月半ぶりに住まいの東宮御所(東京・元赤坂)を出て、皇太子さまとともに皇居・御所を訪問。天皇、皇后両陛下と約1時間懇談された。

宮内庁東宮職によると、雅子さまがたびたび両陛下からお見舞いを受けたことへのお礼と、前立腺がん治療を続ける天皇陛下を案ずる気持ちを伝えたいとご夫妻が希望し、この日の訪問となった。《福井新聞》

【広島・大崎上島】貨物船が民家に突っ込む

4日午前2時半ごろ、芸予諸島の大崎上島(広島県大崎上島町東野)の防波堤(高さ約1メートル)に、大分県津久見市の西瀧海運の貨物船(498トン)が突っ込んだ。

船はそのまま陸地に乗り上げ、船首部が防波堤内側にある無職、Aさん(76)方に衝突。この事故でAさん方と隣の空き家1軒が全壊、別の民家1軒の一部が壊れた。Aさんは肩などに軽傷。他の住民や船の乗組員6人にけがはなかった。

呉海上保安部などによると、防波堤から民家までは約3メートル。同部は船長が居眠りして操船を誤ったとみて、業務上過失致傷容疑で調べる方針。事故で油の流出などはなかった。船は鉄くず1600トンを積んで3日深夜に広島県福山市を出港し、山口県周南市に向かって航行中だった。《毎日新聞》



9月4日 その日のできごと(何の日)