2004 平成16年1月15日(木)のできごと(何の日)

平成5486日目

2004/01/15

【小泉純一郎首相】「世界青年の船」参加青年代表が表敬訪問

1月15日は何の日【小泉純一郎首相】「世界青年の船」参加青年代表が表敬訪問
http://www.kantei.go.jp/

1月15日、小泉首相は官邸で「世界青年の船」参加青年代表(日本及び世界12か国の青年代表)らの表敬を受けた。

「世界青年の船」の事業は、日本政府が行っている青年国際交流事業の一つで、日本と世界各国の青年が船内において生活を共にする中で、世界的視野に立った共通の課題について討論等を行うとともに、船内や訪問国において各種の交流活動を行なうことにより、日本と参加各国の青年相互の友好と理解を促進し、併せて青年の国際的視野を広げることを目的としている。《首相官邸》

【小泉純一郎首相】自衛隊イラク派遣「必ず理解される」

記者「自民党幹事長会議で、イラクが参院選の大きな争点になる、国論を二分すると言っていましたが」

首相「いや、そうじゃないんです。今、国論を二分しているけれども、将来は必ず理解されると。鎖国か開国かと似ている、と言ったんです。幕末、明治維新も、尊皇攘夷・鎖国か、開国で国論二分しました。結果は尊皇攘夷・鎖国派も、開国で一致したわけですね。同じような状況になるんじゃないか」《福井新聞》

広告




【第130回芥川賞】綿矢りさ氏「蹴りたい背中」

【第130回芥川賞】金原ひとみ氏「蛇にピアス」

【第130回直木賞】京極夏彦氏「後巷説百物語」

【第130回直木賞】江國香織氏「号泣する準備はできていた」

1月15日/のできごと

シェアする

フォローする