2003 平成15年12月2日(火)

平成5442日目

2003/12/02

【J1・鹿島】秋田豊選手に戦力外通告

サッカー、Jリーグ1部(J1)の鹿島は2日、リーグ史上最多の通算334試合に出場した元日本代表DF秋田豊(33)と来季の契約を更新しないことを発表。この日、クラブから本人に伝えられた。

また、元日本代表のDF相馬直樹(32)も戦力外となった。主力選手として鹿島に多くのタイトルをもたらした2人と来季の契約を結ばない背景には、チームの変革期として世代交代を図るクラブの方針がうかがえる。《共同通信》




【政府】外交官殺害はテロ

政府は2日、イラクの日本人外交官殺害事件について、奥克彦参事官と井ノ上正盛書記官が襲撃された現場の状況や2人のこれまでの活動内容などから、強盗目的や怨恨による犯行は考えられないとして、事件を「テロ」とほぼ断定した。《共同通信》

【小泉純一郎首相】“イラク自衛隊派遣”国民への説明は「時期を見て」

小泉純一郎首相は2日午前の閣僚懇談会で、イラクへの自衛隊派遣に関して「時期を見て考え方を(国民に)説明する」と述べ、派遣決定の場合は記者会見などで派遣理由について説明する考えを明らかにした。

首相はイラク復興支援について「さまざまな議論があるが国際社会における責任を果たす日本の立場は重要。政府一体となって民主的な政権をイラクにつくるよう協力しなければならない。それが日本の国益にもかなう」と強調。

日本人外交官殺害事件に関しては「中心的な役割を果たしてきた2人が亡くなったのは残念だ」と述べた。《共同通信》

12月2日/のできごと