平成5439日目

2003/11/29

【イラク日本人外交官射殺事件】

イラク北部で29日、四輪駆動車で移動中の奥克彦・在英大使館参事官(45)、井ノ上正盛・在イラク大使館3等書記官(30)、イラク人運転手が襲撃され、殺害された。3月のイラク戦争開始以降、日本人に死者が出たのは初めて。福田官房長官は「テロの可能性が強い」との見方を示した。

小泉首相は、自衛隊 や文民のイラク派遣を目指す方針に変わりがないことを強調した。政府は派遣の概要を定める基本計画を12月中旬までに閣議決定する日程は変えない方針だ が、実際の派遣時期や内容に大きな影響が及ぶのは必至だ。イラクでは29日にスペインの情報機関員7人、30日に韓国人2人が殺害されるなど、米同盟国へ の襲撃が頻発している。《朝日新聞》



【J1】横浜マリノスが完全優勝

Jリーグ1部(J1)第2ステージ最終節(29日・横浜国際総合競技場ほか=8試合)横浜Mが後半ロスタイムに久保の劇的な決勝ゴールで首位磐田を2−1で破り、第1ステージに続く4度目のステージ優勝と、昨年の磐田に次ぐリーグ史上2度目の完全優勝を達成した。

勝てば優勝の可能性があった鹿島は後半ロスタイムに同点とされ浦和と2−2で引き分け。同じく市原は2−0で東京Vに快勝したが、得失点差で逆転Vを逃した。《共同通信》

【政府】足利銀行の一時国有化を決定

政府は29日夜、地方銀行上位の足利銀行(本店・宇都宮市)が9月中間決算で債務超過に陥ったことを受け、首相官邸で金融危機対応会議(議長・小泉首相)を開いた。同行の破綻(はたん)を認定したうえで、預金保険法102条に基づいて一時国有化し、初の「特別危機管理銀行」とすることを決めた。

日向野(ひがの)善明頭取ら現経営陣は退陣し、政府が銀行外から新経営陣を選ぶ。足利銀は営業を続け、預金は全額保護される。日本銀行も必要に応じ、資金繰り支援のため特別融資(日銀特融)を実施することを決めた。《朝日新聞》



11月29日のできごと