2003 平成15年11月23日(日)

平成5433日目

2003/11/23

【グルジア・シュワルナゼ大統領】辞任

議会選挙の結果をめぐる混乱から野党勢力が首都トビリシの議会を占拠したグルジアで23日、シュワルナゼ大統領が辞任を表明、1992年に発足した元ソ連外相のシュワルナゼ氏の政権は事実上の「無血クーデター」で崩壊した。

暫定大統領就任を宣言した野党指導者ニノ・ブルジャナゼ前議会議長は24日未明、地元テレビを通じ「新しく強い、独立した国をともにつくる歴史的好機だ」と国民に呼び掛け、暫定政権の発足を宣言した。《共同通信》




【J2】アルビレックス新潟が初優勝、J1昇格決定

Jリーグ2部(J2)最終節(23日・新潟スタジアムほか=6試合)新潟が大宮を1−0で下して勝ち点を88とし、初の優勝と悲願のJ1昇格を決めた。新潟は上野が前半10分に得点して、大宮の反撃をしのぎ切った。昇格の可能性を残していた川崎は、既に勝ち点86でJ1昇格を決めている広島を2−1で破り同85としたが、あと一歩及ばす3位にとどまった。《共同通信》

【大相撲九州場所千秋楽】大関栃東、11場所ぶり2度目の優勝

大相撲九州場所千秋楽(23日・福岡国際センター)大関栃東が13勝2敗で11場所ぶり2度目の優勝をした。栃東は結びの一番で横綱朝青龍との相星決戦を押し出しで制し、昨年初場所以来の賜杯を手にした。来年1月11日から東京・両国国技館で行われる初場所で横綱昇進に挑む。

朝青龍は2場所連続優勝を阻まれ12勝3敗。大関同士の対戦は魁皇が千代大海を押し倒して、ともに10勝5敗。大関武双山は関脇若の里を右小手投げで下して9勝目。若の里は7勝8敗と負け越した。関脇旭天鵬は4勝目、小結岩木山は6勝目を挙げたが、高見盛は10敗目を喫した。《共同通信》

11月23日/のできごと