平成5348日目

2003/08/30

【民主党】18兆円を地方に配分


http://www1.dpj.or.jp/news/

民主党は30日午後、次期衆院選で掲げるマニフェスト(政権公約)作成に向けた初の公聴会を長崎市で開いた。同党の改革姿勢のアピールと地方での支持拡大も狙い。枝野幸男政調会長は、地方への補助金総額約20兆円のうち約18兆円を廃止し、使徒を限定しない一括交付金とするか税源移譲で地方自治体に配分することをマニフェストに盛り込む方針を明らかにした。《福井新聞》




【イスラエル軍】ハマス幹部を攻撃

パレスチナ自治区ガザ中部で30日、イスラエル軍の武装ヘリが、難民キャンプの敷地内を走行中の車に向けミサイル4発を発射し、乗っていた2人が死亡、巻き添えで少なくとも市民2人が負傷した。

AP通信などによると、死亡したのは、いずれもイスラム原理主義組織「ハマス」の軍事部門のメンバー。現場はブレイジ難民キャンプと隣の難民キャンプを結ぶ広場。《毎日新聞》

【チャールズ・ブロンソンさん】死去

「荒野の七人」「雨の訪問者」などで知られるこわもての男優、チャールズ・ブロンソンさんが30日、ロサンゼルスの病院で肺炎のため死去した。広報担当者が明らかにした。81歳。数週間前から入院していたという。

21年、米国ペンシルベニア州でリトアニア移民だった炭坑員の父の下、15人兄弟の11番目に生まれた。12歳の時に父や兄を相次いで失い、高校卒業後、自らも炭坑員として働いた。長い下積み生活を経て、60年の「荒野の七人」、63年の「大脱走」などで準主役の俳優としての地位を確立。「レッド・サン」「バラキ」「狼よさらば」などで、いかつい表情に危険な雰囲気を漂わせた性格俳優として活躍した。日本では70年代、男性用化粧品の「マンダム」のテレビCMでも人気を呼んだ。《毎日新聞》

8月30日/のできごと