平成5015日目

平成14年10月1日(火)

2002/10/01

【北朝鮮による日本人拉致事件】政府調査団が帰国

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による日本人拉致事件調査のため平壌入りしていた政府調査団(団長・斎木昭隆外務省アジア大洋州局参事官)は1日夜、日航機で関西空港に到着、帰国した。拉致事件の生存者は同行していない。調査団は深夜に成田に移動後、首相官邸で安倍晋三官房副長官に帰国報告。支援室の中山恭子内閣官房参与が2日午前10時から、被害者家族代表を通じて各家族に報告する。

政府は北朝鮮が示した生死情報を「断定的に伝えた」と批判されたことを踏まえ、今回は情報管理を徹底しており、斎木団長は1日午後、北京国際空港で記者団に「コメントできない。ご家族に先に報告するのが筋だ」とだけ述べた。

調査団は9月28日から平壌入りし、日本側からリストになかった曽我ひとみさん=失踪当時(19)=とみられる女性を含めて生存者5人と面会し、本人確認や帰国の意思確認をしたもようだ。「死亡した」とされる横田めぐみさんの娘とも面会したとみられる。《共同通信》




【寺越武志さん】北京到着

1963年5月に日本海で叔父らと漁船で操業中に行方不明になり、現在は北朝鮮の平壌で暮らしている寺越武志さん(53)が39年ぶりに一時帰国するため1日、経由地の北京に到着した。

寺越さんは北京国際空港で、記者団の質問にコメントしなかった。3日に東京に到着、4日に故郷の石川県に向かう。

石川県に在住する母親の友枝さんはたびたび訪朝し、寺越さんと会っているが、寺越さん本人が帰国するのは初めて。

寺越さんは現在、平壌市職業総同盟の副委員長を務めており、日本の自治労中国地区連絡協議会などが招待した職業総同盟の訪日代表団の一員として帰国する。

寺越さんは87年1月に生存が確認され、今年8月に平壌で行われた日朝赤十字会談の際に日本側代表団と面会、一時帰国する計画を進めていることを明らかにしていた。《共同通信》

【ホテル税】東京都が課税開始

東京都内のホテルや旅館の1万円以上の宿泊客に課税する都宿泊税(ホテル税)制度が1日から始まった。対象となったホテルなどでは、受付でパンフレットを示すなどして新制度への理解を求めた。

ホテル税は旅行客誘致など観光振興を図る法定外目的税で、自治体が独自に宿泊客に課税するのは全国初。1日の宿泊分から課税された。税額は1泊1万円以上1万5000円未満が100円、1万5000円以上が200円。都は年間10億円の税収を見込んでいる。《共同通信》

【本庄保険金殺人事件】52歳被告に死刑判決

埼玉県本庄市の保険金殺人事件で3人を殺傷したとして殺人、同未遂などの罪に問われた金融業Y被告(52)の判決公判で、さいたま地裁の若原正樹裁判長は1日午後、求刑通り死刑を言い渡した。

判決は、Y被告を一連の犯行を発案、指示した首謀者と認定し、争点だった共犯証言の信用性や風邪薬の「致死性」について、検察側主張を全面的に認めた。

量刑理由で若原裁判長は「冷酷で残酷極まりなく、犯罪史上に例を見ない巧妙、悪らつな犯行」と指摘。Y被告が度重なる有料の記者会見で無実を訴えたことにも触れ「虚言をろうして責任を回避し、反省、悔悟の情はみじんもうかがえない」と厳しく断じた。

無罪を主張していたY被告は、判決を不服として即日控訴した。《共同通信》

10月1日のできごと