平成4986日目

2002/09/02

【横浜・石井浩郎内野手】現役引退を表明

勝負強いバッティングで近鉄、巨人などで活躍した横浜の石井浩郎内野手(38)が2日、横浜市内の球団事務所で会見し、今季限りでの現役引退を表明した。同選手は8月30日に球団関係者に引退の意思を伝えていた。

石井内野手は「5月中旬に座骨を痛め、8月に入っても状態が思わしくなかったため、1カ月前に自分で決めた」と引退理由を語った。

石井内野手は秋田高-早大、プリンスホテルを経て1990年にドラフト3位で近鉄に入団。パワフルな打撃で94年に打点王に輝いた。しかし、度重なる故障に苦しみ、その後は巨人、ロッテと移り、今季は横浜に活躍の場を求めた。新天地では4番なども務めたが33試合で打率2割1分1厘、0本塁打の不振で、5月後半にはけがも追い打ちをかけファームに落ちていた。《福井新聞》




【東京電力】トップ5人の総退陣を発表

東京電力は2日、原子力発電所トラブル隠し問題に同社の社員が直接関与していたのはほぼ間違いないことを確認、経営責任をとって南直哉社長(66)が10月中旬までに、荒木浩会長(71)と問題の舞台となった原子力本部長の榎本聡明副社長(63)が9月末にそれぞれ辞任すると発表した。

平岩外四(88)と那須翔(77)両相談役も9月末に辞任する。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】環境・開発サミットに出席

地球環境の保全や貧困撲滅を目指す「持続可能な開発に関する世界首脳会議」(環境・開発サミット)の首脳会合が2日午前、小泉純一郎首相も出席して南アフリカ・ヨハネスブルグで開幕した。

首相は演説で「持続可能な開発を手に入れる最大のポイントは人」と強調。今後5年間で2500億円以上の教育援助を行うことを表明した。温暖化防止のための京都議定書の早期発効も訴えた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】国連・アナン事務総長と会談

9月2日は何の日【小泉純一郎首相】国連・アナン事務総長と会談
http://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は2日午後、環境・開発サミットが開催されている南アフリカ・ヨハネスブルクで、国連のアナン事務総長と会談した。

アナン氏は、首相が17日に予定している朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)訪問について「すばらしいアイデアであり、主導的役割を発揮することを評価したい」と述べ、会談の成果に期待を表明した。

首相は「国際社会の一員になることが北朝鮮にとっても大切であるし、朝鮮半島や国際情勢安定化にとっても重要だということを話しに行く」と説明し、会談が北東アジアの平和と安定につながるよう意欲を示した。《共同通信》

9月2日/のできごと