平成2516日目

平成7年11月28日(火)

1995/11/28

【東京地検】山口敏夫元労相に強制捜査

旧二信用組合の乱脈融資事件で東京地検特捜部は28日、元労相の山口敏夫衆院議員(55)が不正融資などに関与していた疑いが強まったとして、背任と共犯容疑などで山口議員の議員会館の事務所や自宅など7ヶ所を家宅捜査、強制捜査に着手するとともに、背任罪などで同議員の実姉(59)ら8人を起訴した。

国会議員には国会会期中の「不逮捕特権」があることを考慮し、特捜部は山口議員を今週中にも任意で取り調べた上で、在宅のまま立件する方針を固め、同日までに同議員側に出頭を求めた。

山口議員は応じる意向だったが、強制捜査で態度を一変、出頭を拒む姿勢を表明した。特捜部の方針が見直される可能性もあり、旧二信組事件は緊迫した局面となった。《共同通信》



【サッカー・トヨタ杯】アヤックス(欧州代表)が初優勝

サッカーのクラブチーム世界一を決める第16回トヨタカップは28日、東京・国立競技場に約4万7000人の観衆を集めて行われ、欧州代表のアヤックス(オランダ)が南米代表のグレミオ(ブラジル)を0−0からのPK戦(4−3)で下し、初優勝を飾った。前身の世界クラブ選手権を含めると2度目の優勝。通算成績は南米の10勝6敗。

堅い守りからのカウンター攻撃に徹するグレミオと、スピーディーな攻撃のアヤックスという展開。延長戦までともに決定的なチャンスをつくれずPK戦に突入し、3−3からアヤックスは最優秀選手に選ばれたダニー・ブリントが決めて接戦をものにした。《共同通信》

【NKK・舩木聖士投手】阪神と仮契約

阪神がドラフト1位指名したNKK・舩木聖士投手(22)=175センチ、78キロ、右投げ右打ち=の入団が28日、決まった。

横溝チーフスカウトらが福山市のNKKを訪れ、契約金1一億円、出来高払い契約金5000万円、年俸1200万円で仮契約した。

阪神を単独逆指名していた舩木は、神妙な面もちで「ようやく阪神の一員になれた気持ち。勝てるピッチャー、負けない投手になりたい」と抱負を述べた。(金額は推定)《共同通信》

【政界談話室】

○・・・村山富市首相は28日、国会で記者団から大阪で大量の毒グモが見つかったことについて聞かれると、「まだ被害が出ていないのが何よりだが、きちんと駆除せないかん」と、厳しい表情。記者団が「少年時代に危険な虫に襲われたことは」と水を向けると、首相は「ないな。チョウチョとか採ったけど、マムシに追われたこともない」と、言って目を細めた。最近は沖縄の米軍基地問題や宗教法人法改正など、ひっきりなしの政治日程に追われている首相。野山でのんびりと昆虫を追った少年時代の日々が懐かしそう。

○・・・加藤紘一自民党幹事長はこの日の記者会見で、臓器移植法案の賛否で党議拘束を外した決定に触れ「議員個人の判断に基づいて(賛否の意思表示を)やることに決めた。自民党では初めてだ」と自慢げに語った。続けて「個々の議員の判断を入れる部分をどうするか、今後の政策決定過程で重要な問題」と補足説明。さらに会見後も記者団に「二大政党制に向かう中で二つの視点しかないのはおかしい。党議拘束を外すことで、二大政党制に風穴を開け、これからは議員一人ひとりの判断が問われることになる」と、党議拘束は時代遅れだと言わんばかり。《共同通信》

【日本ペンクラブ】書籍再販廃止に反対声明

日本ペンクラブ(尾崎秀樹会長)は28日、書籍などの再販制度廃止に反対する声明を発表した。声明は①再販が廃止されると学術書など少部数の本や良心的な本の出版が抑制される②制度の見直し案は、経済と法律の専門家だけで検討され、著作関係者の見解が反映されていない−とし、先に公正取引委員会が示した、制度見直しの方針に強く反対している。

声明は、再販廃止が自由な出版を妨げ「言論表現の自由」を侵す可能性が大きいとして、同日の理事会で議論、承認された。

同時にペンクラブは、破壊活動防止法のオウム真理教への適用に対し、同法は「言論表現の自由を抑圧する恐れがある」という理由から反対する声明も発表した。《共同通信》

【マドンナ】レイプ体験を告白

米国の人気歌手マドンナが28日発売の英音楽誌「ニュー・ミュージカル・エクスプレス」最新号で、ニューヨークで暮らしていた当時、路上でレイプされた体験があることを初めて告白した。

マドンナの写真集「セックス」に収められているレイプ願望を表現した写真について語った際に、自らのレイプ体験を話し始めたという。

マドンナは「私は若かったし、人を信じていた。レイプが私をすっかり変え、用心深くなり、抜け目がなくなった」と振り送った後で「ひどい体験」だったが、そのことで私はずっと強くなった」と述ベた。

告白についてマドンナは、「多くの人々が恐ろしいと考えることが自分の身にも起きたと思っているだけ。人々に気の毒に思ってもらいたくもないし、私自身も思っていない」と述べ、世間を驚かそうという意思はないことを強調。「レイプ願望を持っている女性がいることは知っているが、レイプは魅惑的な体験ではない」と語った。《共同通信》



11月28日のできごと