平成4699日目

2001/11/19

【プロ野球ドラフト会議】ダイエー、寺原隼人投手の交渉権獲得

剛球右腕は地元九州のダイエーへ。プロ野球のドラフト会議は19日、東京都内のホテルで行われ、最も注目された寺原隼人投手(宮崎・日南学園高)は4球団競合の末、ダイエーが交渉権を手に入れた。

“甲子園大会最速記録”の154キロをマークした同投手に対し、当初は米大リーグのドジャースなど10球団が獲得に動いた。結局、この日は巨人、ダイエー、横浜、中日の4球団が1巡目で入札。抽選の結果、王監督が「当たりくじ」を引き当てた。《共同通信》

【しし座流星群】全国で観測

国内最大級のしし座流星群が19日未明、全国で観測され、県内の夜空にも1時間に数千個という壮大な光のシャワーが降り注いだ。

しし座流星群は、母すい星のテンペル・タットルすい星から放出されたちりが地球大気にぶつかって起こる発光現象。毎年ほぼ同じ時期に観測されるが、今年は大規模な出現が予想されていた。《福井新聞》




【小泉純一郎首相】「与党内調整簡略化を」

小泉純一郎首相は19日午後、自民党の国家戦略本部メンバーと首相官邸で会談し、政府の意思決定の在り方をめぐり、内閣と党の一元化を図るための具体的方策を検討するよう指示した。

首相は就任以来「スピード感のある政策決定」(首相周辺)を重視しており、内閣提出法案の内容について自民党政務調査会が行っている事前審査や、与党幹部による政策調整協議の簡略化などを視野に入れているとみられる。《共同通信》

11月19日/のできごと