平成4618日目

2001/08/30

【与党3党】「景気緊急提言」に合意

自民、公明、保守の与党3党は30日午後、国会内で政策責任者会議を開き、小泉純一郎首相の構造改革路線に伴う雇用対策などを盛り込んだ「当面の景気対策に対する緊急提言」を大筋合意した。与党はこの提言に基づいて9月27日召集の臨時国会に2001年度補正予算案や証券税制改革案などを提出、早期成立を図り、深刻な経済状況のてこ入れを図る方向だ。《福井新聞》




【小泉純一郎首相】外相らと会談

小泉純一郎首相は30日午前、首相官邸で田中真紀子外相、中谷元・防衛庁長官と会談し、日米両国間の課題である有事法制や国連平和維持軍(PKF)本体業務参加凍結解除問題、日米防衛協力のための新指針(ガイドライン)に基づく具体的協力の在り方などについて意見交換した。

首相はPKF問題に関連して「憲法の中でどの程度できるかであり、国民、国会の議論の中でやっていかないといけない」と述べ、積極的に議論していく考えを示した。《福井新聞》

8月30日/のできごと