平成4557日目

2001/06/30

【小泉純一郎首相】米・ブッシュ大統領と会談

小泉純一郎首相は30日午前(日本時間同日夜)、ワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドでブッシュ米大統領と初めて会談し、「安全と繁栄のためのパートナーシップ」と題した共同声明を発表した。

6月30日のできごと(何の日)【小泉純一郎首相】米・ブッシュ大統領と会談
https://www.kantei.go.jp/

両首脳は日米同盟の重要性を確認し、安全保障などで戦略対話を強化していくことで一致。小泉首相は2、3年いないに不良債権を処理することなど構造改革、規制改革を精力的に実施する決意を表明、大統領も歓迎し、不良債権処理が対米公約となった。

また、財務・金融、規制緩和など4分野の新たな次官級協議の枠組みの設置で合意。米国が離脱方針を表明している地球温暖化防止のための京都議定書をめぐっては結論は出なかったが、日米両国で協調できる分野を探究するため、ハイレベル協議を早急に始めることになった。

首相は会談で、ブッシュ新政権の米ミサイル防衛構想に「理解」を示し、両首脳は戦域ミサイル防衛(TMD)の共同技術研究の重要性を確認し、ミサイル防衛について緊密に協議していく方針で一致。日米防衛協力指針(新ガイドライン)の実効性を高め、さまざまなレベルで安保協議を強化することを決めた。大統領は日本の国連安保理常任理事国入りを支持した。《共同通信》

小泉純一郎首相は30日午前(日本時間同日夜)、ブッシュ米大統領との会談で、経済政策に関し「大胆かつフレキシブルにやる。日本発の恐慌は引き起こさない」と述べ、構造改革を推進すると同時に景気動向にも十分配慮し柔軟に経済を運営する方針を表明した。

景気がこれ以上後退した場合の景気刺激策実施に含みを残したといえる。会談後の記者会見でも「あらゆる手段を講じて恐慌を起こさない措置ができている」と強調した。

地球温暖化防止では、米国抜きでの京都議定書批准に否定的な見解を示した上で「議定書の精神は重要だ。時間がまだあるので日米でより実効あるものにしたい」と述べ、米国への譲歩を含む打開策を模索する考えを示唆。会見で川口順子環境相を米側との協議に当たらせる意向を表明した。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【宮沢りえさん】モスクワ映画祭最優秀女優賞受賞

モスクワで開催されていた第23回モスクワ映画祭で30日、揚凡監督の香港映画「遊園驚夢」に出演した日本の女優宮沢りえさんが「最優秀女優賞」を受賞した。

「遊園驚夢」は1930年代の中国・杭州を舞台に地方歌劇「崑劇」の女性スターを取り巻く人間模様を描いた作品。宮沢りえさんは香港の人気女優王祖賢と共演、有名な遊女から旧家の第二夫人になるという複雑な女性の役を力強く演じたのが評価された。《共同通信》

【森喜朗前首相】親善ラグビーで司令塔

「芝の上を歩くと血が騒いでくる」。自民党の森喜朗前首相は30日、東京の秩父宮ラグビー場で行われた日英両国の国会議員らによるラグビー親善試合に参加し、チームの主将としてハッスルした。

日本チームは馳同党代議士ら与野党の国会議員8人に加え、省庁関係者で構成。試合は森氏のキックオフで始まり、序盤は英国チーム優勢で進んだが、終盤に逆転。日本側が35対26で勝ち、過去2度の対戦で敗れた雪辱を果たした。

森氏は「気持ちだけで足が付いてこない」と漏らしながらも司令塔の位置でパスをつなぎ、30分近くフィールドを駆け回った。馳氏も果敢なタックルで英国議員を倒し、試合後、森氏は「作戦通り。金星だ。選挙前にけがをしないように気を付けた」と満足げ。参院選で全国を駆け回る準備運動もこれで万全?《共同通信》

【保守党】参院選公約を発表

保守党は30日、参院選の重点公約を発表した。「経済の立て直しに、全力を尽くす」として経済政策に重点を置き、不良債権の3年以内の処理を掲げたほか、株式市場の活性化や雇用対策の充実などを強調している。

消費税の使途について基礎年金、高齢者医療、介護など「社会保障」に限定、「公務員給与や防衛費、機密費などには使わない」とし、食料品への軽減税率導入も盛り込んでいる。

このほか(1)防衛庁を「省」に格上げする法案の次期国会での早期成立(2)公共施設や道路のバリアフリー化の推進(3)凶悪犯罪への対処と、被害者の人権重視のための法整備−を挙げた。《共同通信》

【韓国】北朝鮮難民7人が到着

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から中国に脱出後、北京の国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に駆け込んだ住民7人が30日夕、乗り継ぎ地のマニラから仁川国際空港に到着、UNHCRから韓国政府に引き渡された。北京のUNHCR事務所で食糧難や体制への不満を公言した7人の送還を求める北朝鮮は、UNHCRや韓国の措置に不快感を表明。このため韓国は北朝鮮との摩擦を避けるため、7人を政治的に利用するなどせず、定住訓練などを慎重に行う方針だ。

空港で写真撮影に応した男性4人、女性3人の家族7人のうち、60歳代の女性は「生まれ変わったような気持ちでうれしい」と感想を述べた。しかし、韓国政府は北朝鮮を刺激しないとの立場から、到着の際に公式の記者会見は設定せず、7人をバスで関係施設に移送した。

7人は1999年、食糧難から一家17人で中国へ脱出したが、昨年5人が送還された。その後、女性1人が再脱出して中国に残った家族と合流、潜伏を続けた。

送還を避けるため、このうちの7人が26日に北京のUNHCR事務所で難民認定を要求。UNHCRは関係国と協議、難民資格は与えず第三国を経由した韓国行きで解決を図った。《共同通信》

【MLB】

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は、30日のエンゼルス戦で5打数2安打。打率を3割5分2厘とし、2位アロマー(インディアンス)に2厘差をつけた。

イチローは三回の第2打席に右中間二塁打。九回の第5打席には右肩故障から復帰したばかりの長谷川投手から中前打を放った。試合はマリナーズが5−3で勝ち、九回を締めくくった佐々木投手が28セーブ目を挙げた。

5月19日以来の登板だった長谷川は、1回をイチローの安打だけに抑えた。《共同通信》



6月30日 その日のできごと(何の日)