平成4389日目

平成13年1月13日(土)

2001/01/13

【世田谷一家殺害事件】宮澤さん一家の告別式営まれる

東京都世田谷区の自宅で殺された会社員宮澤みきおさん(44)一家4人の告別式が13日、世田谷区にある寺で営まれた。昨年12月30日の事件から2週間たつが、犯人はまだわかっていない。参列した人たちは事件の早い解決を願いながら、宮澤さんと妻泰子さん(41)、長女にいなちゃん(8つ)、長男礼君(6つ)のめい福を祈った。

宮澤さんの知り合いの男性(77)は「穏やかで、いい人だった。奥さんや子供さんも失って悔しいでしょう。早く犯人を見つけてほしい」と、目に涙を浮かべながら話した。にいなちゃんをよく知る女性は「あんなに優しい子がこんなことになるなんて信じられない。犯人は許せない」と語った。

警視庁成城署の捜査本部は、約60人の捜査員を動員して、血液型がA型で手にけがをしている犯人の特定を進めている。犯人が現場に残したトレーナーや凶器の柳刃包丁などの流通経路を調べる一方、聞き込み捜査を続けている。これまでに200件を超える情報が寄せられた捜査本部(03―3482―3829)は、引き続き情報の提供を求めている。《朝日新聞》




【鳥取県・片山善博知事】ウラン残土現場を視察、核燃を批判

鳥取県の片山善博知事は13日、同県東郷町方面のウラン残土現場を視察、核燃料サイクル機構にウラン残土撤去を求め訴訟中の自治会住民を激励した。片山知事はこの日、方面自治会を訪問し「残土撤去の約束も守れないような無責任なことでは、日本の原子力行政の信頼は回復できない」と核燃機関を批判した。《共同通信》

【森喜朗首相】アフリカからギリシャへ

森喜朗首相は13日午前に政府専用機でナイジェリアを出発、アフリカ3カ国訪問を終了した。同日午後には最後の訪問国ギリシャのアテネ・ヘリニコン国際空港に到着、夜にシミティス首相と会談する。《共同通信》

1月13日のできごと