平成4381日目

2001/01/05

【英国】元開業医、297人に“死の治療”

英政府は5日、女性患者15人にヘロインを注射し殺害したとして終身刑に服している元開業医ハロルド・シップマン受刑者(54)が、追跡調査の結果、計297人に“死の治療”を行っていたとみられると公表した。

英政府の医療問題の監督責任者は記者会見で「これだけのスケールの行為を早期に見つけられなかったことは恐ろしくもあり、不可解でもある」と述べた。

また、調査結果をまとめた専門家は、誤差を考慮すると、シップマン受刑者が死亡証明書を出した521人のうちの最大で345人が犠牲になった可能性もあると述べた。

報告は捜査当局に送られるが、新たに訴追される可能性は低いという。

シップマン受刑者は昨年1月、1995年から約3年の間に、主に一人暮らしの中高年の女性15人を往診した際にヘロインを注射して殺したとして英国の最高刑である終身刑を受けた。警察はさらに多くの犠牲者がいるとみていたが、受刑者が罪状を否認し続けたことなどから、その後の訴追はとん挫していた。

今回の調査は保健省が、医療行為の審査を専門とする学者に委託。シップマン受刑者の残したメモや地域の開業医らの供述を1年にわたり調べた結果、同受刑者が開業した70年代初めから二十数年間に、新たに282人が「疑わしい状況」で死亡したと結論付けた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【イチロー外野手】渡米前に始動

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が5日、名古屋市内にある中日の屋内練習場で、渡米を前に本格的に今季のスタートを切った。

オリックス時代に一緒だった中日の山田ヘッド兼投手チーフコーチから「場所がないなら、うちを使えばいい」と紹介され、約1時間15分にわたってキャッチボールやマシン相手の打撃練習で汗を流した。「いつも体は動かしている」と言うが、本格的な練習はことし初めてとなる。

意外な場所での始動となったイチローは「山田さんに言って貸してもらった。助かりました」と笑顔。2001年の“初打撃”については「いいでしょう、そんなことは」とかわしながらも「(米国に)行く準備はできている。あとはこっちで体を動かします」と表情を引き締めた。《共同通信》

【民主党】党名記載義務法案を提出へ

民主党は5日、非拘束名簿式による参院選比例代表の投票方式で政党名記載を義務付ける公職選挙法改正案を、今月中に召集される通常国会に提出する方針を固めた。菅直人幹事長が記者会見で明らかにした。

自民党が候補者名投票で得票増を狙っているのに対し、党名記載を義務付けることによって非自民票を取り込みたい思惑がある。今後、自由、社民など野党各党に共同提出するよう呼び掛ける。《共同通信》

【森喜朗首相】統合省庁「まずは仲良くね」

森喜朗首相は5日午後、中央省庁再編による新体制スタートを前に、総務省、国土交通省が入る庁舎をそれぞれ視察した。

総務省庁舎では、総務相になる片山虎之助自治相らの案内で見学。新たに購入されたいすや机などの調度品などを見て回ったほか、事務職員に対し「みなさん頑張って。まずは仲良くね」などと声をかけ、統合省庁での人間関係に気を使っていた。

国土交通省庁舎では、大臣室や同日付で閉鎖されるかつての建設大臣室などを見学。かつて建設相を務めていた経験も手伝って、建設大臣室では国土交通相に就任する扇千景建設相らとともに応接ソファに座り、部屋を懐かしんでいた。《共同通信》

【ダイムラークライスラー】軽市場参入

ダイムラークライスラーは5日、車幅が大きいため日本では小型乗用車規格となっている超小型車「スマート・クーペ」の軽自動車規格モデルを開発、2001年中にも発売する方針を明らかにした。自動車税が小型車の4分の1以下の軽乗用車とすることで販売の大幅上積みを目指す。輸入車で軽市場に参入するのは初めて。

現在、軽自動車を持たない日産自動車も2002年中にもスズキからOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けて軽市場への参入を検討しており、今後軽市場での販売競争が激化しそうだ。《共同通信》

【世田谷一家殺害事件】後ろから襲撃か

東京都世田谷区の会社員、宮沢みきおさん(44)一家4人が殺害された事件で、みきおさんは外出先から戻ったところを、背後から襲われた可能性があることが5日、警視庁成城署捜査本部の調べで分かった。

調べによると、みきおさんは自宅1階の階段付近でうつぶせで倒れていた。司法解剖の結果、顔や首などに十数カ所の傷があったほか、背部にも傷があるのがみつかった。階段には滑り落ちたような跡が残っていたが、背部の傷も刃物によるものとみられる。

先月30日午後6時半ごろ、みきおさんの乗用車が車庫からなくなっており、みきおさんは事件当日の夜は外出していたとみられる。こうしたことから捜査本部は、侵入した犯人が室内を物色していたところ、みきおさんが帰宅、背後から襲われた疑いもあるとみて詳しく調べている。

現場検証の結果、居間などとして使われていた2階には、運動靴の足跡がいたるところに多数残っていたことも判明。書類の入った引き出しが物色されていたほか、書類の一部は浴槽に投げ込まれていた。捜査本部は引き続き現場検証を続けている。

血のついたトレーナーと同じLサイズの製品は、東京都内では世田谷、杉並両区だけに卸され、10-20枚しか販売されていなかったとみられることが新たに判明。昨年8月から12月にかけて販売され、すでに完売しているという。捜査本部で販路の絞り込みを急いでいる。《産経新聞》

【この日の民主党】

「さあ、政権奪取実現の年。参院選勝利に向かって結集を」鳩山代表が仕事始めで決意を表明

民主党本部は1月5日から仕事始め。午前10時から本部会議室で集まった党職員を前に、鳩山由紀夫代表が年頭にあたっての訓辞を行った。

[鳩山代表あいさつ全文] 2001年、21世紀幕開けの年、新年あけましておめでとうございます。

私たちの未来を決める年が明けました。どのようにお過ごしになられましたか。それぞれが自立をしながら、大きな目的に向かって一直線、そんな年にしていきたいと思います。

年末のあいさつでも申し上げましたが、今年は20世紀から21世紀、大きな意識の変わり目の年だと思っています。20世紀は、前半は戦争の世紀であり、後半は経済をキーワードにした世界の大きな流れがあったと思います。その戦争と経済の両者をしっかりと考えていくと、21世紀の姿が浮かび上がってくると思います。21世紀は戦争のない世紀にしなければならないし、経済をグローバルの立場からしか捉えることができなくなった状況の中で、私たちが日本人として、あるいは日本という国に生まれ育った者として、何をなすべきか、大変大きなテーマが横たわっています。

その意味で、国家のあり方自体が問われています。だからこそ国会議員のあり方、存在そのものも問われています。一方で、国と地方のあり方も根本的に意識と制度を変えていかなければならない。21世紀に、私たち国会議員として、また民主党として国民の皆さんと共に、大きな意識の流れを変えていく、そんな仕事を成就させていく大事な年だと思います。

その意識の変革の真ん中で、参議院選挙を迎えることになります。私たちが国民の皆さんと徹底的に信頼関係を結ぶことができたときには、大きな流れを民主党に引き寄せていくことができると思います。

今、選対委員長、あるいは選対事務総長を中心として、今参議院の候補者の擁立に大変ご苦労をいただいております。国政を担うにふさわしい立派な候補者の擁立がどんどん進められています。21世紀を担うにふさわしい候補者と共に、まさに国民と共に歩む民主党の姿を作り出していくために、私たちは全力を挙げて参議院選挙に勝利しなければなりません。そのために必要に応じて、他の政党とも、あるいはそれぞれの政治家とも協力関係を結び、21世紀に国民の皆様方に喜んでいただけるような政治を、今年から作り上げていくんだ、そんな想いで選挙を乗り切っていきたいと思います。

自公保過半数割れを実現させていくことによって、さらに解散を求めて、衆議院の選挙も実現させていかなければなりません。そして衆参合わせて、政権奪取の実現の年に、国民の皆さんのためにもそのことを実現させなければならない、大変重い使命、宿命を背負って行動していかねばなりません。まさに、一番大事な年の幕開けです。それぞれ気を引き締めなおして、それぞれの立場で大きな仕事に向かって結集をしていただきたいと心から願います。

日々皆様方には、夜も昼もなく、国民の皆様方のために励んでいただいていることに改めて感謝を申し上げながら、代表も執行部も、国会議員も、候補者一人ひとりも、新たな意識の中で、国民と共に21世紀を大きく切り開いていく作業を進めていきたいと思います。それぞれの全力をお貸しいただきますよう重ねてお願い申し上げ、代表からの21世紀幕開けの決意の表明とします。お互いにがんばりましょう。《民主党ニュース》



1月5日 その日のできごと(何の日)