2000 平成12年12月21日(木)

平成4366日目

平成12年12月21日(木)

2000/12/21

【民主党・横路孝弘副代表】鳩山代表の辞任要求を撤回

民主党の鳩山由紀夫代表は21日午前、自身の「改憲」発言に態度を硬化する横路孝弘副代表と意見交換し、憲法問題に関しては党憲法調査会で議論を進める方針を確認した。この結果、横路氏は代表辞任要求を撤回し、党内対立はひとまず決着した。ただ、憲法をめぐる両氏の意見の相違は大きく、今後も火種となりそうだ。

代表・副代表連絡会議で横路氏は「結党時の政策や理念を踏まえ、国民に向かって発言してほしい。そうでないと党がばらばらになる」とあらためて批判。「集団的自衛権の行使や自衛隊の国軍化など、戦争のことしか発言しないなら野党第一党の代表の資格はない。その時は辞めてもらうしかない」と自制を求めた。

これに対し、鳩山代表は「慎重に仕事をしていきたい。憲法論議は憲法調査会で議論していきたい」と釈明。横路氏は「今度、鳩山氏が外に向けて党方針と違う発言をすることはないと理解する」と述べ、矛を収めた。両氏はこれを受けて握手、来年夏の参院選をにらんで一致団結することで一致した。《共同通信》

【ボクシング年間最優秀選手】畑山隆則選手が2度目の受賞

ボクシングの2000年プロ・アマチュア表彰選手選考会が21日、東京都内で行われ、プロ最優秀選手には世界ボクシング協会(WBA)ライト級チャンピオンの畑山隆則(横浜光)が満票で選ばれた。畑山は2年ぶり2度目の受賞。

畑山は6月、ヒルベルト・セラノ(ベネズエラ)にKO勝ちし、スーパーフェザー級との2階級制覇を達成。10月には坂本博之(角海老宝石)との日本人対決をKOで制した。《共同通信》

12月21日のできごと