平成4309日目

2000/10/25

【森喜朗首相】第三国発言「国益に反しない」

森喜朗首相は25日午後、国家基本政策委員会の合同審査会(党首討論)で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による日本人拉致疑惑をめぐって「第三国で発見される方式」による解決策を示した自らの発言について「(この解決策は)過去の話であり、外交上の機密事項でも何でもない。周知の事実だ。国益に反するとは思えない」と述べ、首相としての責任はないとの認識を表明した。

与党執行部は「これで問題は解決した」(亀井静香自民党政調会長)として、首相や中川秀直官房長官の責任問題は免れたとの考えを示した。

だが自民党内には、対応の不手際を批判する声が消えず、中川長官の右翼団体幹部との交際疑惑への懸念も根強い。野党側は中川長官らの退陣を要求しており、森政権は引き続き厳しい政権運営を迫られそうだ。《福井新聞》




【自由党・小沢一郎党首】森首相を批判

自由党の小沢一郎党首は25日、記者会見し、森喜朗首相の日本人拉致疑惑をめぐる「第三国発見」発言について「論評する対象外、お粗末以下だ。首相一人の話じゃないが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に行ってそういう発言をし、他の国の首相にべらべらしゃべる。信じられない」と厳しく批判した。

首相の責任について「一国の指導者がどうあるべきか、どういう資質が必要かの観点からすれば私は辞めるべきだと思う。その資格はないと思う」と、首相の退陣を要求。さらに「拉致問題の話ではない。首相が全く自分の意思も判断力も持っていないのが一番の問題だ」と指摘した。《福井新聞》

10月25日/のできごと