2000 平成12年9月4日(月)のできごと(何の日)

平成4258日目

2000/09/04

【東京地検】詐欺容疑で衆院議員を逮捕

政策秘書を雇ったように装って国から支給された給与2000万円をだまし取ったとして東京地検特捜部は4日、詐欺の疑いで衆院議員の山本譲司(37)と公設第一秘書(35)の両容疑者を逮捕。東京・永田町の議員会館や立川市の地元事務所などを捜索した。山本容疑者は逮捕前に民主党に離党届を提出した。《福井新聞》




【三宅島】一部職員を除き島民避難完了

噴火活動が続く伊豆諸島・三宅島で4日、最後まで残っていた一般住人432人が定期船などで避難した。定期船は同日夜、東京港竹芝桟橋に到着。島内には保安要員となる三宅村職員ら約400人が残るだけとなった。《福井新聞》

【大分一家6人殺傷事件】少年を家裁送致

大分県野津町の一家6人殺傷事件で、大分地検は4日、殺人や殺人未遂などの容疑で逮捕、送検された高校一年の少年(15)を「少年院送致が相当」とする意見書を付けて大分家裁に送致した。これを受け、同家裁は少年について17日まで2週間の観護措置を決定、身柄を大分少年鑑別所に移した。《福井新聞》

【森喜朗首相】ロシア・プーチン大統領と会談

森喜朗首相は4日、東京・元赤坂の迎賓館でプーチン・ロシア大統領と2回会談した。午前は北方領土問題を中心に平和条約交渉をめぐり協議。大統領はこれまでの両国合意を尊重するとして、1993年の東京宣言、98年のモスクワ宣言に加えて56年の日本とソ連の共同宣言を挙げ、同宣言の有効性をロシア大統領として初めて首脳会談で公式に確認した。《福井新聞》

9月4日/のできごと

シェアする

フォローする