平成4257日目

2000/09/03

【三宅島】598人が脱出

噴火が続く伊豆諸島・三宅島では3日、行政命令による住民の島外避難第二陣として、これまでで最多の598人が定期船などで島を脱出。定期船は同日午後9時前、東京港の竹芝桟橋に到着した。三宅村はこれで対象となった一般住民の大半が島を離れたと判断。避難期限の4日には村職員と警察官らが朝から民家を戸別訪問し、残留者がいないかうぃ確認する。

2日に定期船で島を離れた住民らのうち約100人は3日、一時滞在先の国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)に到着。近く都営住宅などの入居する予定で、都はセンター内に住宅や医療面などの相談窓口を設けた。

三宅村によると、3日は定期船すとれちあ丸で585人、漁船などで13人が避難。定期船には避難者とは別に、公務で東京へ向かう村職員6人も乗り込んだ。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【ビッグレスキュー東京2000】

陸海空3自衛隊の全面的な協力を得て、東京都の総合防災訓練「ビッグレスキュー東京2000」が3日、銀座、晴海など都内10カ所の会場で行われた。自衛隊員約7100人を含む約2万5000人が参加。ヘリコプターなど航空機約120機、車両約1900台、艦船約20隻が投入され、都主催では過去最大規模の訓練となった。

噴火の続く三宅島が「全島避難」を続けていることや、自衛隊が前面に出た訓練内容であることから「災害より訓練を優先するのは本末転倒」「防災に名を借りた治安出動訓練」と市民グループなどが反発、デモや集会を開いた。

石原慎太郎都知事は訓練終了後「自衛隊は国民の税金で育ててきた機動力。国民の生命財産を守るために使うことに、どこもやましいことはない」と語った。

また、森喜朗首相は「自然災害が続いている。国民の不安を払しょくするため意義深い」と評価した。《共同通信》

【三菱自動車クレーム隠し】警視庁、社長室などを捜索

三菱自動車工業(東京)のクレーム隠ぺい事件で、同社の経営陣が隠ぺい工作に関与した疑いがあるとして、警視庁交通捜査課などは3日、道路運送車両法違反(虚偽報告)の容疑で、東京都港区の同社本社社長室など数カ所の家宅捜索をした。

同社への捜索は8月27日に続き2度目。同課は、会社ぐるみで不正を繰り返していたとみて、中旬にも河添克彦社長(63)を含め担当役員らから事情を聞く方針で、役員らの刑事責任追及を視野に、法人としての同社と、担当者の立件を目指す。《共同通信》

【男子ゴルフ】日本マッチプレー選手権

日本マッチプレー選手権プロミス杯最終日(3日・北海道ニドムクラシックコース=6958ヤード、パー72)決勝(36ホール)を行い、横尾要が2アンド1で谷口徹を下し、大会初優勝を果たした。28歳の横尾は昨年10月以来のツアー通算3勝目。賞金3000万円と来年から5年間のシード権を獲得した。谷口は2年連続の準優勝。

横尾は強風の中、前半の18ホールで4アップとリード。後半に入って逆転されたが、27ホール目の9番で約18メートルのバーディパットを沈めて追いつき、その後リードを奪い返して競り勝った。

3位決定戦は芹澤信雄が1アップで飯合肇に勝った。《共同通信》

【大相撲秋場所】初日

大相撲秋場所初日(3日・両国国技館)連覇を狙う横綱曙が、小結安芸乃島の左首投げに屈した。横綱武蔵丸は平幕土佐ノ海を落ち着いて退けた。新大関の魁皇は千代天山を力強く押し倒した。他の大関は、千代大海が小結貴ノ浪を、出島は琴竜をそれぞれ下したが、かど番の雅山は追風海に敗れた。大関とりの栃東と、大関復帰を目指す武双山の両関脇はともに快勝した。《共同通信》

【金嬉老元服役囚】韓国でも立てこもり

1968(昭和43)年に静岡県で「金嬉老事件」を起こし、昨年9月に仮釈放され釜山市で暮らしている金嬉老元服役囚(71)が3日、地元警察に現住建造物放火容疑などで逮捕された。

調べでは、金容疑者は3日午前10時ごろ、同市内のアパートに住む女性(43)宅に竹やりなどを持って訪れ、女性と夫(46)を脅した。女性は部屋の外に逃げたが、金容疑者は部屋のかぎをかけ、約1時間にわたって立てこもり、部屋に放火などした疑い。

通報でかけつけた警察官に取り押さえられたが、女性の夫ともみ合いになった際、あごにけがをした。

地元警察は、金容疑者を追及、動機などを調べるとともに、関係者から詳しい事情を聴いている。

韓国の通信社、聯合ニュースによると、調べに対し、金容疑者は「花屋を営むこの女性と親しくなり、最近は一緒に旅行をしたりしていた。夫が女性を監禁していると聞き家に行った」と述べている。金容疑者は30日夜にも揮発油と刃物を持って女性宅を訪れ、もみ合いになり警察に連行されていた。

金容疑者は昨年9月に千葉刑務所(千葉市)から仮釈放された後、韓国に戻り釜山市に住民登録。韓国マスコミなどで「日本の民族差別と闘った英雄」として扱われていた。《共同通信》

【ロシア・プーチン大統領】来日

プーチン・ロシア大統領は3日夕、初の日本公式訪問のためリュドミラ夫人とともに大統領専用機で来日した。羽田空港に出迎えた森喜朗首相と大統領は声明を発表。

大統領は「日本訪問は過去の合意、特に1998年の(モスクワ)宣言に基づいて日ロ関係を全面的に発展させる用意のあることのあかしだ」と述べ、両国間のこれまでの合意を土台として平和条約交渉を継続する考えを表明した。首相も「多くの問題を素直に信頼に基づき話し合い、日ロ関係を強固なものにしたい」と強調した。

モスクワ宣言は「2000年までに平和条約を締結するよう全力を尽くす」としたクラスノヤルスク条約合意を再確認し、北方四島の帰属問題を法と正義の原則で解決するとの1993年の東京宣言に基づく条約交渉の加速を明記している。

両首脳は羽田空港からの車に同乗、東京・元赤坂の迎賓館で非公式に10分余り懇談し、4日からの首脳会談で両国関係を精力的に話し合うことで一致した。5日までの滞在中に首脳会談は計3回、約5時間行われる。《共同通信》

【米大統領選】中傷合戦、激化の様相

米共和党大統領候補のブッシュ・テキサス州知事は3日、これまで消極的だったテレビ討論会の開催に条件付きで合意した。しかし、開催方法に条件をつけたため、「無条件開催」を求める民主党のゴア候補が非難。両者の政策の開きが小さいこともあり、今後はネガティブキャンペーン(中傷合戦)が一層強まりそうだ。

選挙戦は、4日のレイバーデイ(労働者の日)の祝日を迎え、いよいよ終盤の第四コーナーに差し掛かった。伝統的に、同祝日後に世論調査で優位に立った候補が11日の選挙で勝利するといわれているが、最近の7つの世論調査ではゴア候補に勢いがある。ただ、獲得選挙人数の予測を加味すると互角の大接戦だ。

両者が直接対決するテレビ討論は、終盤戦で最も重要な舞台となるだけに、ブッシュ候補は慎重だったが、3日になって12日から民放2局でそれぞれ1回ずつと、二大政党の全国委員長経験者らで組織する討論委員会による討論会の計3回を提案した。

これに対し、ゴア副大統領は「全テレビが中継できる(討論委提案の)3回にすべきだ。視聴者数の(提案に)失望した」と指摘、ブッシュ候補が「腰抜け」と言わんばかりに非難した。《共同通信》



9月3日 その日のできごと(何の日)