平成4000日目

1999/12/21

【てるくはのる事件】

21日午後2時ごろ、京都市伏見区日野谷寺町の市立日野小学校校庭で、入ってきた若い男が、遊んでいた伏見区醍醐、重機オペレーターAさん(35)の長男で同小2年のB君(7つ)にナイフで切りつけた。B君は首を約20センチ切られるなどして、出血多量で間もなく死亡した。男はそのまま逃走。京都府警は山科署に捜査本部を設置、殺人容疑で男の行方を追っている。

現場に「日野小に恨みがある」などと書いた「犯行声明」とみられる紙が残されており、捜査本部は同校に関係がある少年の可能性があるとみて調べている。

調べによると男は身長150〜160センチで中、高校生くらいの若い男。フード付きの青いハーフコートを着て眼鏡を掛けていた。

校門から入ってくると、グラウンドのジャングルジムの周りで、友人数人と追いかけっこをして遊んでいたB君に近寄り、包丁を出して、B君の首や右腕に切りつけて逃げた。

犯行声明の全文 私は日野小学校を攻げきします。理由はうらみがあるからです。今はにげますがあとで名前を言うつもりでいます。後で手紙をかきます。だから今は追わないでください。私を見つけないでください。私を識別する記号→てるくはのる (原文のまま)《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【JCO東海村臨界事故】被ばくした社員が死亡、国内原子力事故初の犠牲に

東海村臨界事故で大量の放射線を浴び、重症となっていた核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)東海事業所社員、Aさん(35)が21日午後11時21分、多臓器不全のため東京都文京区の東大病院で死去した。9月30日の事故発生から83日目。

被ばくによる急性放射線障害での日本人の死者は、1954年、米国のビキニ水爆実験に遭遇、死の灰を浴びた第五福竜丸無線長、故久保山愛吉さん=当時(40)=以来で、国内の原子力関連施設では初めて。

Aさんら社員3人は、東海事業所転換試験棟で、ウラン溶液を沈殿槽に移す作業中に臨界状態を引き起こし、大量被ばくした。《共同通信》

【Jリーグ】川崎フロンターレ、FC東京がJ1昇格

サッカーのJリーグは21日、東京・虎ノ門の事務局で理事会を開き、川崎フロンターレとFC東京が来季から1部(J1)に昇格することを満場一致で承認し、併せて来季のJリーグ日程も決めた。リーグ戦は来年3月11日に開幕する。

川崎Fは今季の2部(J2)で優勝、東京は2位になって順位での昇格条件を満たし、ホームスタジアムなど他の条件もクリアした。本拠地は川崎Fが等々力陸上競技場で、東京は東京スタジアムの使用が2001年(調布市に建設中)からとなるため、来季は駒沢陸上競技場などを暫定的に使うことになった。

川渕三郎チェアマンは「(両クラブのJ1昇格に)特に問題となるようなことはなかった」と語った。《共同通信》

【大阪府・横山ノック知事】辞表提出

大阪府の横山ノック知事は21日未明、元選挙運動員の女子大生(21)に対する強制わいせつ罪での起訴が濃厚となったことなどがら辞意を固め、入院先の大阪府内の病院から知事審議監に電話で伝えた。

同審議監によると、横山知事は同日午前0時15分ごろ、電話で「知事の職を辞したいという気持ちを固めた。手続きは議会と相談してほしい」と話したという。

今年4月の知事選の最中に選挙運動員だった女子大生から強制わいせつ容疑の告訴を受けて以降、民事訴訟での不戦敗戦術などにより、府政を混乱させてきただけに、横山氏としては財政再建など重要な課題の山積する府政の正常化を図るには、自ら辞職を決断することが必要と判断したものとみられる。

セクハラ事件で大阪地検の起訴方針を受けて辞意を表明した大阪府の横山ノック知事(67)は21日午前、入院中の大阪府内の病院を訪ねた梶本徳彦副知事を通じ、杉本光伸府議会議長に辞職願を提出した。この際、知事は「一身上の都合」を理由とし、「府民などに迷惑を掛け申し訳ない。職員は信頼回復に努力してほしい」と述べた。

辞職承認のための臨時府議会は27日に開かれる見通しで、辞職が府選挙管理委員会に通知されてから50日以内に出直し知事選が行われるが、来年2月6日投票の日程が有力視されている。

知事選に向けて自民党は21日朝、都内のホテルで所属国会議員の会合を開いて対応策を協議した。同党府議団は横山知事の財政再建、行政改革路線を継承して推進できる人物を中心に人選する意向。民主党や、独自候補擁立を目指す方向の共産党も会合を開き、候補者選考に向けた動きを本格化させた。

早くも大阪出身の現職閣僚や国会議員、府幹部らの名前が取りざたされているが、大都市で知名度の低い候補者が政党の単独推薦で勝ち抜くのは困難。一方で、平成7年春、自民党などが推した官僚出身候補が惨敗したことにより各党相乗りの候補者選考も否定された形で、具体的な候補者名が挙がるまでには難航が予想される。《共同通信》

大阪府知事選の選挙運動中に体を触られたとして、元運動員の女子大生(21)が横山ノック知事(67)を告訴した事件で、大阪地検特捜部は21日、強制わいせつの罪で横山知事を在宅のまま起訴した。

現職知事の同罪での訴追は例がない。地検は「被害者の苦痛、屈辱感は甚大」と指摘。さらに横山被告が会見などで「真っ赤なうそ」などと否定し続けたことも悪質と判断し「起訴すべき事情として考慮した」としている。

横山被告は特捜部の聴取にも全面否認しており「知事のわいせつ行為」の詳細は、法廷で解明が進むことになる。

起訴状によると、横山被告は平成11年4月8日午後5時半から約30分間、大阪府堺市内を走行中の選挙用のワゴン車後部座席で、横に乗っていた女子大生の下腹部などを執拗に触った。

特捜部は女子大生や車の運転手、警護で同乗していた大阪府警の警察官らから数回にわたり事情聴取。その結果、女子大生が説明する当時の様子は信用できると判断した。20日には大阪府庁の知事室や知事公館などの強制捜査に乗り出し、横山被告は21日、府議会議長に辞職願を提出した。

また女子大生の告訴に対抗し、同被告が「事実無根」と逆告訴した問題についても、特捜部は逆告訴は虚偽の可能性が高いとして、虚偽告訴罪での立件を検討していたが、横山被告が21日、告訴を取り下げたため立件を見送った。

横山被告は「白黒は刑事でつく」と争わなかった民事訴訟でも、大阪地裁で20日、1100万円の賠償命令を受けている。《共同通信》

【小渕恵三首相】パラオ大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

小渕恵三首相は21日午後、首相官邸で南太平洋諸国会議(SPF)の議長を務めるパラオのクニオ・ナカムラ大統領と会談し、SPF加盟国の首脳会合を来年4月22日に宮崎市で開催することに合意した。会場は宮崎シーガイアで調整を進めている。《共同通信》

【グアテマラ】旅客機、住宅に突っ込む

中米グアテマラからの報道によると、首都グアテマラ市のアウロラ国際空港で21日、キューバ航空がチャーターしたDC10(乗客乗員314人)が着陸に失敗、空港敷地を飛び出して付近の住宅地に突っ込み、民家5軒が破壊され、事故機の前部が大破した。

市消防局司令官によると、26人が死亡、44人が負傷した。死者のうち、8人がキューバ人乗員で、乗客は9人、残り9人が地上で巻き添えになった住民。地元ラジオは機長が死亡したと報じた。日本人は乗っていなかった。

乗客の大半は、キューバの医学学校や大学で学びクリスマス休暇で帰国したグアテマラ人学生。事故機は何らかの理由でスリップしたらしい。

同空港では1993年4月にも旅客機が滑走路を飛び出し、住宅地に突っ込んだ。《共同通信》

【本田技研工業】GMと提携

本田技研工業の吉野浩行社長は21日の会見で、米ゼネラル・モーターズ(GM)グループとエンジンの相互供給をはじめ、環境技術など幅広い分野で提携することで合意したと正式発表した。インターネットを利用した自動車販売などの分野での協力も検討する。

本田は、米国で生産する低公害のV型六気筒エンジンをGMに供給。GMは傘下のいすゞ自動車が、直噴ディーゼルエンジンを本田に供給し、本田は欧州向け乗用車に搭載する。さらに本田は、自動変速機(オートマチック・トランスミッション)もGMに供給する。

また吉野社長は、ネット販売のほか、燃料電池の開発や部品の共同調達などでも、GMと協力関係の構築に向けて検討を進めることを明らかにした。《共同通信》

【オウム真理教】初の被害者補償に500万円

オウム真理教の破産管財人の阿部三郎弁護士は21日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、被害者救済に充てる資金として、教団側から長野県木曽福島町にある施設の売却代金の一部497万円を受けとったことを明らかにした。

今月16日に教団側から「施設の売却で自治体が払ってくれる代金を被害者補償に充てたい」と申し入れがあったという。さらに教団側は今後も代理人の弁護士を通じ資産提供について管財人と協議していく意向で、次回協議は1月17日に行われる予定。

教団が1日に事件への関与を認めた「正式見解」の中で表明した被害者らへの補償が具体化したのは初めて。関係者は「今後、オウム新法施行ですべてを失うのを恐れ『出せるものは出す』という現実的な選択をしたのではないか」とみている。《共同通信》

【民主党ニュース】

党員、サポーター投票を導入=党代表選挙実施方法決まる

民主党は21日の常任幹事会で、党の代表選挙の実施方法について、来年9月の選挙から、すべての党員や事前に一定の登録料を納めた党員以外の人に対しても、幅広く投票権を認める新しい方式を導入することを決めた。

それによると、投票権は国会議員や国政選挙の党公認候補者、一般党員、事前に一定の登録料を納めた「サポーター」にそれぞれ与えられる。サポーターは一定の登録料を納めて有権者登録する。登録料は1000円か2000円程度で、常任幹事会で決められる。

また、代表選挙を通じた新たな党員の獲得を進めるため、選挙の有権者登録は投票日の1週間前まで可能にするとしている。 各県連には国勢調査による都道府県の人口をもとに40万人につき1ポイントが与えられ、一般投票と党員の投票結果に基づいて比例ドント方式でポイントを配分。これとは別に国会議員には2ポイント、公認候補者には1ポイントが付与される。

代表選挙規則は党の規約で常任幹事会で定めることとされており、1月の党大会では詳細が報告されることになっている。

菅川健二参議院議員が入党

民主党は21日の常任幹事会で、菅川健二(すげかわ・けんじ)参議院議員の入党を承認した。

菅川議員は広島県の総務部長などを経た後、95年の参院選で広島県選挙区から旧新進党で立候補し初当選し現在1期目。その後改革クラブに所属していたが、今月15日に同党を離党していた。

これで、参議院の民主党・新緑風会は57人となった。

【大川慶次郎さん】死去

日本の競馬評論の草分け、大川慶次郎氏が21日午前9時15分、脳内出血のため茨城県阿見町の病院で死去した。70歳。東京都出身。

財界の大御所だった渋沢栄一氏のひ孫で、慶大を卒業した後、1957年よりラジオで競馬予想を始める。61年、一日の全レースで予想を的中させ“競馬の神様”の異名がついた。

大川氏は今月15日、茨城県美浦村の美浦トレーニングセンターでの競馬調教を取材した後、阿見町のすし店で競馬関係者と懇談中に内出血で倒れて病院に運ばれ、入院後もこん睡状態が続いていた。《共同通信》



12月21日 その日のできごと(何の日)