平成4001日目

1999/12/22

【ヤンキース・伊良部秀輝投手】エクスポズへトレード

米大リーグ、ヤンキースの伊良部秀輝投手(20)が22日、エクスポズにトレードされ、来季はナ・リーグで投げることになった。エクスポズはカナダのモントリオールに本拠地を置き、日本選手がカナダの球団と大リーグ契約するのは初めて。

伊良部投手はエクスポズを含む数球団へのトレードを拒否する権利を持っていたが、エクスポズが好条件を提示したことで行使しなかった。《共同通信》



【民主党ニュース】

中海干拓の即時中止求める=ネクストキャビネットで方針決定

民主党は22日のネクストキャビネット会議で、島根県中海の本庄工区をめぐる国営干拓事業の即時中止とすでに作られた堤防の開削を政府に働きかけることを決めた。

民主党では今月6、7日の両日、佐藤謙一郎環境・農水担当ネクスト大臣を団長とする視察団を現地に派遣。前原誠司社会資本整備担当ネクスト大臣、鉢呂吉雄農水部会長、石井紘基、石橋大吉各衆議院議員が、現地を視察し、県や地元首長や住民団体、漁業者などと意見交換した。その結果、(1)土地利用計画が不明確で、造成農地の利用が期待できない(2)周辺の環境に重大な影響を与える(3)国や島根県の財政負担が過重になる――などの理由から事業の継続に反対すべきとの方針を固めた。

今後は、従来の「本庄工区全面干陸」の枠組みを一度撤廃した上で、「地球の宝物」というべき中海・宍道湖の貴重な自然環境をいかした地域振興策を模索することが適切としている。

国会閉会中審査を要求

民主党は22日のネクストキャビネットの閣議で、茨城県東海村の臨界事故で被爆したAさんが21日に亡くなったことに関連し、小渕内閣の責任追及とさらなる原因究明のために、衆議院の科学技術委員会や、参議院の経済・産業委員会で、国会閉会中の審査を行うよう与党側に求めていく方針を決めた。

菅直人政調会長はこの日発表した談話の中で、「今回の事故は、JCOのずさんな工程管理に加えて、政府による監督監視体制の欠陥も大きな原因。事故発生以来の政府の対応はけっして十分ではなく、責任も明確になっていない」と述べている。



12月22日のできごと