平成3941日目

1999/10/23

【小渕恵三首相】韓国・金鍾泌首相と会談

小渕恵三首相、金鍾泌首相ら日韓両国の閣僚らによる第2回閣僚懇談会が23日午後、韓国・済州島のホテルで開かれた。

10月23日のできごと(何の日)【小渕恵三首相】韓国・金鍾泌首相と会談
https://www.kantei.go.jp/

金首相は全体会合に先立つ首相会談で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が米朝競技中のミサイル発射停止を表明したことについて「緊張が緩和しつつある。北朝鮮に相当程度変化が出てきたことだけでも日米韓三国協調の成果が出てきた」と評価。

小渕首相も「前向きな兆しが見られる。北朝鮮の(ミサイル発射停止)発表を歓迎する」と述べ、北朝鮮への硬軟両様の対応を提言したペリー米政策調整官の政策が「軌道に乗り始めた」との認識で一致した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【プロ野球・日本シリーズ】第1戦

ダイエーは工藤、秋山の両ベテランが活躍し、3−0で中日を下して日本シリーズ第1戦を制した。

36歳の工藤が快投を演じた。カーブが効果的で、二回一死一、二塁のピンチを併殺で切り抜けると、九回にはゴメスから13個目の三振を奪い、ゲーム最多奪三振(9回)の新記録を樹立した。6安打でシリーズ二度目の完封を飾った工藤は通算7勝目。

工藤とともに西武で黄金時代を築いた37歳の秋山も底力を発揮した。六回、先頭の秋山は初球のスライダーを左翼席に先制本塁打。さらに連続四球で二死一、二塁とし、先発の野口をKO。救援したルーキー岩瀬に対し、ニエベスが右中間二塁打して二者が生還した。中日は二回を除き毎回三振を喫して三塁も踏めず、工藤攻略の糸口さえつかめなかった。《共同通信》

【MLB・ワールドシリーズ】開幕

ヤンキース(ア・リーグ)が2年連続世界一に向け、好スタートを切った。

米大リーグ、ワールドシリーズは23日、アトランタで始まり、ヤンキースが4−1で逆転勝ち。八回に打者一巡の攻盤でブレーブス(ナ・リーグ)の誇るマダックス、ロッカーを攻略し、先発のヘルナンデスも7回をわずか1安打に抑え、抜群の安定感を示した。

1990年代の最強チーム決定戦と銘打たれている今シリーズ。マダックスも持ち味を十分発揮したが、ヤンキースの強さが際立った。地元での連敗は絶対に避けたいブレーブスは第2戦、24歳のミルウッドの右腕にすべてを懸ける。《共同通信》

【ボクシング】マイク・タイソン選手、復帰戦は無効試合

ボクシングの元世界ヘビー級統一王者、マイク・タイソン(米国)は23日、ラスベガスで元世界ボクシング協会(WBA)クルーーザー級王者のオーリン・ノリス(米国)と復帰戦を行ったが、1回終了後に放ったパンチで相手が試合続行不可能となり、ノーコンテスト(無効試合)になった。

拘置所から出所後初の一戦は、あっけなく終わった。試合開始後3分がすぎ、ラウンド終了のゴングが鳴った直後、タイソンの左がノリスを捕らえた。ノリスはキャンバスに沈み、レフェリーはタイソンに2点減点を科すと表示。

しかし、コーナーに戻ったノリスは立ち上がらない。ダウンで右ひざを痛めたといい、試合はここで打ち切られた。「偶発的な反則により、ノーコンテスト」がアナウンスがされると、リングサイドは続行を望むファンのブーイングなどで騒然となった。

消化不良のタイソンは「やつは(ファイトを)投げ出した。やる気があるやつなら、足をひねったって、また向かってくるはずだ。もう闘いたくないような気分。こんなこと(もめ事)ばかりで、うんざりだ」と一気にまくし立てた。

タイソンのファイトマネーは870万ドル(約9億3000万円)と発表されたが、保留となった。《共同通信》

【広島・福山消防組合】結核患者の救急搬送を拒否

広島県福山市の福山地区消防組合が、入院の必要な同市内の重症の男性結核患者(88)の救急搬送を拒否していたことが23日までに明らかになった。

男性患者は、症状が重く、家族への感染の可能性があったため、医師は同消防組合に電話。「厳しい病状のため、救急車で搬送してもらうしかない」と説明したというが「結核患者は受け入れられない」などと断られたという。

男性患者は家族が手配したタクシーで同県東広島市内の病院に運ばれたが到着して約3時間後に死亡した。《共同通信》

【藤波孝生元官房長官】有罪確定

リクルート事件で受託賄罪に問われ最高裁で上告が棄却された元官房長官の藤波孝生衆院議員(66)=三重5区=は23日午後、三重県伊勢市の後援会事務所で記者会見し、最高裁決定に異議申し立てをしない意向を明らかにした。

藤波氏は「極めて不満だが、これに承服しないと国民としての責任を果たせない。(異議申し立ての)手続きを経ないで決定に従う」と述べた。これにより、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が、事実上確定した。

議員辞職については「裁判に対して不服は持っているが3年前の総選挙で大勢の方から支持していただいた。勝手に辞めた、と言える筋合いではない。もう少し時間をいただき、各方面の意見をうかがいたい」と22日の国会内での記者会見と同様に結論を留保した。

次期衆院選に立候補するかどうかに関しても「大勢の人と相談したい」と明言を避けた。地元に戻っての気持ちを聞かれ「11年間係争中の身であり支持者のみなさんに心配を掛けた。選挙民のみなさんに深くおわびしたい気持ちでいっばい」と述べた。《共同通信》

【イタリア】元首相にまた無罪判決

マフィアと利害関係を持っていたとして組織犯罪関与罪に問われていたイタリアのジュリオ・アンドレオッティ元首相(終身上院議員)(80)は23日、シチリアのバレルモ地方裁判所で無罪の判決を受けた。

アンドレオッティ氏は9月にも殺人罪の裁判で無罪判決を受けたばかり。検察側が控訴する可能性はあるが、同氏は法的には一応名誉を回復した。一方で、起訴した検察当局の責任が追及され、司法改革論議に拍車が掛かることも間違いない。

アンドレオッティ氏は旧キリスト教民主党指導者として1972年から92年にかけて7回首相を務めるなど、イタリア戦後政界を代表する大物政治家。刑事被告人となってからも政界では敬意を払われてきたが、政治的権威の完全修復は不可だ。

検察側は95年3月、元マフィア構成員らの証言を基に、アンドレオッティ氏が政治的影響力によってマフィアに行動の自由を許し、それと引き換えにシチリアでの自党への支持を得ていたとして起訴し、禁固15年を求刑していた。

被告側は、元構成員の証言は80年代末の首相時代に組織犯罪取締法の改正などマフィア対策を強化した同氏へのマフィアの組織的報復と主張していた。

判決は「起訴事実には根拠がない」として被側の言い分を認め、証言の信用性を否定した。アンドレオッティ氏は判決後、ローマで記者団に「満足している。ゲームは終わった」と語った。《共同通信》

【インドネシア】反ワヒド政権で抗議集会

インドネシアのハビビ前大統領の出身地、スラウェシ島のウジュンパンダンで22日から23日にかけて、ワヒド新政権の発足に反発する学生らが街頭行動を続け、団結と統一を掲げるワヒド新政権にとっての大きな試練となっている。

新政権のワヒド大統領、メガワティ副大統領がともに同国の政治・経済の中心であるジャワ島出身者であることに不満を募らせている学生ら数千人は22日、ウジュンパンダンで抗議集会を開き、「スラウェシ独立」を宣言して気勢を上げた。学生らは空港や港湾施設を占拠しようとして治安部隊に阻止されたが23日も街頭行動を続けた。

「外島」と差別的に呼ばれてきたスラウェシなど非ジャワ地域の住民の間では、豊かな天然資源がジャワに吸い上げられた上、政治、経済、文化などの面で虐げられてきたとの不満が根強い。ワヒド新体制では、国民協議会(国権の最高機関)のライス議長もジャワ出身、アクバル国会議長はインドネシア西部の北スマトラ州出身で、正副大統領と両議長の主要四ボストに東部出身者はいない。《共同通信》

【米・KKK】異例の覆面なし集会

米連邦最高裁は23日、白人優越主義の秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)に集会での覆面着用を禁じたニューヨーク連邦高裁の決定を支持する判断を下した。このためKKKは同日ニューヨークで、異例の覆面なし集会を開いた。

KKKの集会をめぐっては、ニューヨーク市当局が覆面姿での公の場での集会を禁じた1845年の州法を盾に許可を拒否。KKKの訴えに対しニューヨーク連邦地裁は21日、憲法が保障した表現の自由を理由に覆面集会を認める決定を下したが、市の抗告により連邦高裁は22日、覆面姿での集会は州法が認めていないとして、一審決定を破棄していた。

この日のマンハッタンでの集会には、多数の警察官が警備する中、女性数人を含む十数人のKKKメンバーが集まった。トレードマークの白いとんがりずきんにガウン姿ながら、覆面ははずし顔を出していた。当初約80人の予定だった参加者は覆面が認められず減少したとみられる。

周囲には集会に抗議する市民らが1000人以上詰めかけて「KKKに死を」などと叫び、KKKメンバーが顔を切りつけられるなど混乱した。ニューヨーク市警察は切りつけた抗議者らを逮捕した。《共同通信》



10月23日 その日のできごと(何の日)