1999 平成11年1月20日(水)

平成3665日目

1999/01/20

【ダイエー・中内功社長】退任表明

スーパー最大手のダイエーは20日、創業者の中内功会長兼社長が社長を退任して会長職に専念し、鳥羽董副社長が社長に昇格する同日付人事を決めた。後継が有力視されていら中内会長の長男、中内潤副社長は留任し、新設の総合企画室長として中長期計画を担当する。《福井新聞》

広告




【小渕恵三首相】憲法解釈「変えない」

国会は20日午後、衆院本会議で各党代表質問が始まり、小渕恵三首相は自民、自由両党の安全保障政策合意に関し「憲法解釈を変更するつもりはない」と強調した。

自自連立政権に対し民主党の羽田孜幹事長、公明党の神崎武法代表が「国民の信任を受けていない」と批判、衆院解散、総選挙を迫ったのに対し、首相は「経済再生などの政策を迅速、的確に実行することが使命だ」と表明し、解散・総選挙は「全く念頭にない」と否定した。《福井新聞》

1月20日/のできごと